脱・ワーカホリック宣言 エンジニアのための「アフター9(ナイン)」の過ごし方

“癒しの空間”への原点回帰

若松修

「“癒し”を念頭において、存在意義を考えたいですね」

  このように複合カフェのサービスがますます充実する一方で、昨年の後半辺りからは、「落ち着く空間」という複合カフェの原点に回帰する流れも出てきている。

  「複合カフェを訪れる人々が本当に求めているのは何なのか、これを見つめ直す時期に来ていると思います。複合カフェはあくまでカフェであり、アミューズメント施設ではありませんから、それは必ずしも遊び道具を増やすことではないはずです。連日の激務で疲れ切っているビジネスマンなどが癒される空間をどうやって作っていくかということは、我々が追求していくべきテーマなのです」

  最近の複合カフェには、マッサージチェアを併設するところが多く、なかにはフットマッサージやゲルマニウム温浴を提供するところもあるなど、まさに“癒し”を追求した空間に進化しつつあるという。

  「“ネットカフェ難民”という存在が話題になりましたが、ちゃんとした家があっても、好んで複合カフェに来る人は大勢います。複合カフェでは基本的に外部との連絡が遮断されますし、家族に用事を頼まれることもないので、完全に自分だけの時間を過ごせるのでしょう。一人暮らしをしていても、あえて複合カフェに来る人もいるくらいですから。人間というのは、日常空間から隔離されることでリラックスできるのだと思います」

  今や複合カフェは、日頃仕事に追われて忙しいビジネスマンにとっての“隠れ家”的存在になりつつあるのかもしれない。

「ディスク貸す、『TSUTAYA DISCAS』とは?」
	こんにちは、SEのKです。このコーナーを担当させていただくようになり、早くも3回目を迎えました!今回は、宅配DVD・CDレンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」の企画を担当する佐
藤さんの「忙しい人にオススメなのがAプランです。自分の見たい作品をいくらでも『予約リスト』に入れて……」という言葉を受け、さっそく「Aプラン」を利用してみま
した!
 実際に送られてきたものを手に取ったとき、そして見終わったあとポストに投函するとき、延滞料金や店舗に訪れるといった“煩わしさ”のないサービスは
こんなにも素晴らしいものかと感動しましたね。
 ちなみに、何を借りたかというと、シーズンIIIまでで止まっていた『24-TWENTY FOUR-』。佐藤さんが「IIIでちょっと“中弛み”しますけど、IVでしっかり盛り返しますよ」と
言っていたので(笑) 続きが気になって仕方がない毎日ですが、これで寝不足になってしまったら本末転倒ですよね……。

ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ