人気職種キャリアMAP

ゲームプロデューサーMAP

次世代機のリリースで業界全体が飛躍の時期
プロジェクト全体を統括できる人にチャンス
ゲームプロデューサー
プロフェッショナルなスキルとノウハウに加え
強い意欲と粘り強く挑戦するマインドがカギ
最近の傾向
 ソニーの「PS3」や任天堂の「Wii」など、次世代機が間もなく登場するゲーム業界ではどんな職種でも常に新しい人材を求めている。ユーザーが中高年や女性などに拡大していることが新たな課題となっている。また、インターネットを活用したオンライン型からコンシューマー機、携帯電話など多種多様なプラットフォームに対応したタイトルやコンテンツ制作が求められているのも最近の大きな特徴だ。プログラミングやグラフィックなど、実際に制作に携わったキャリアや実績を生かした次のステップとして考えられるのがゲームプロデューサーという職種だ。一般的なクリエイティブ職と同じようにプロジェクト全体の予算やクオリティ、スケジュールまでを管理して“売れるコンテンツ”を創造する責任を負う立場だけに、中途半端なスキルやノウハウでは課題をクリアできないことを十分知っておくべきだろう。強い意欲と粘り強く挑戦する姿勢も求められるやりがいある職種の1つだ。

理想の人物像
 プログラマーやCGデザイナーであれば単にゲーム好きでアーティスト的な能力があればある程度は活躍できます。しかし、プロデューサーにはビジネスセンスに加えて多くのスタッフや協力会社を束ねていく管理力が必要です。今は業界全体がどの年齢層にどんなゲームを提供すれば支持されるのかが混沌としていますから、予算もスケジュールも厳しい状況でミッションをこなしていかなければなりません。
最近の理系離れに起因し、優秀な人材は不足しています。できればまったく新しい発想とアプローチで、今までプレイしてこなかったユーザーを巻き込むぐらいのアイデアが欲しいところです。広い視野と従来のパターンにとらわれない柔軟さが必要です。業界経験がなくても、直感やひらめきを持っている人、勉強をし慣れている人は有望です。制作に携わった業界での経験も大切ですが、最新の映画や音楽、トレンドなどに敏感で常に人を飽きさせない何かを創りたいという意欲こそがプロジェクトを成功させるのだと思います。
株式会社モバイル&ゲームスタジオ
代表取締役会長
遠藤 雅伸さん

千葉大学工学部卒業後、ナムコ入社。「XEVIOUS(ゼビウス)」など数々のアーケードゲーム開発を手がけ、1985年にゲームスタジオを設立。ファミコン向けのタイトル、カードゲームのヒット作を次々プロデュースする。現在、(株)モバイル&ゲームスタジオ(MGS)代表取締役会長。一方で総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジで講師を努め、10月に開講する夜間講座「ゲーム企業就職講座」を担当するなど、若手クリエイターの育成にも取り組んでいる
(株)モバイル&ゲームスタジオ(MGS)
総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジ

ゲーム開発会社・ディレクター兼プロデューサー・31歳(男性)
最初は大手メーカーに就職して3DCGのデザインを担当していましたが、手がけたタイトルがヒットして今の会社に誘われました。ここ2〜3年はディレクションやプロデュースに専念しています。1作1作をまったく新しく考えていくことが大切だと実感しています。
ヒット作を手がけてから制作会社へ転身するのが最も一般的なパターン。業界には数多くの制作会社があるが、大手の下請け、孫請け的な業務だけというところも多い。プロデューサーを目指すならば実績があってプランニングから携わっていける会社を探そう。
大手ゲームメーカー・開発室・29歳(女性)
専門学校を出て就職したのがプログラミング専門の会社。そこで5年間コツコツ腕を磨き、身につけたスキルと手がけた作品を持参して転職しました。ゲームづくりはチームが基本。優秀な人たちをどれだけ集められるかが勝負です。若い人たちも多いですよ。
実写に迫るリアリティや臨場感を持ったゲーム開発が求められている今、制作の現場は完全に分業化されている。業界の中で人脈を広げ、いざという時に協力を得られるかどうかもプロデューサーの腕次第。キャリアの積み重ねが仕事に活きる。
携帯電話向けコンテンツ制作会社・プロデューサー・27歳(男性)
もともとは携帯電話内部の画像処理が専門のエンジニア。コンテンツ制作の担当者と打ち合わせをしているうちに興味がわいてきて2年前に転職しました。リリース後すぐにレスポンスが返ってくるので常に新しい仕掛けを考えて、すぐに実現させる仕事はやりがいがあります。
携帯電話向けのゲームもここ数年で大きく市場が伸びた。技術革新が早く、ユーザーニーズの高い分野だけに制作にはスピードが求められる。処理速度と容量のアップで今後ますます成長が期待でき、若手が活躍できるチャンスがある職種の1つだ。

ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ