なぜプロマネ人気がダウンしたのか……

告白シリーズ ITコンサルタントの告白 第6回 SEとITコンサルに必要なスキル&マインドを公開!

プログラマーからキャリア・アップしてSEやITコンサルタントを目指すことは可能なのだろうか。プログラマーからITコンサルタントに上りつめた山崎慎一氏(仮名・35歳)が、SIerとコンサルティング会社の違い、外資系と日系企業の違いなどを踏まえながら、アドバイスする。

(取材・文 / 中村京介)

プログラマーからのキャリアアップ

IT業界において最も裾野が広いのが、ソフトウエアハウスに勤める人材だ。会社によっては、IT業界未経験者にも門戸を開いているだけに、IT業界でのキャリアの“スタート・ライン”と位置づけることもできるだろう。

「ソフトウエアハウスで一生懸命プログラムを書いていれば、ITコンサルタント、大手SIerのSEに転職するチャンスは十分ありますよ。ただし、転職するなら20代のうちがベターですね。30歳を過ぎているなら、元請クラスでマネジメントを経験していないと、単なるプログラマーと思われちゃいます。プログラムが書けるだけでは、ヘタをすると、大手どころでは書類も通らなくなりますよ」

ただし、ソフトウエアハウスからITコンサルタントを目指すのか、SIerのSEを目指すのかでは、キャリア戦略も変わってくる。それは、求められるものが違うからだ。

ITコンサルタントとSEの違い

「20代だったら、日系のSIerはそんなに高いスキルは求めません。30歳を過ぎても特別な専門性はそれほど求めないですね。むしろ転職歴を気にする会社はありますが……。SIerではいつどこで仕事内容が変わるかわからないので、『融通がきく』というか、色々なことを幅広く経験している人か、柔軟性のある人が好かれるんです」

山崎氏が一昨年、あるSIerで協力会社の一員として働いていた時、それを如実に証明するような出来事があった。

「その会社はSIerからの評価がものすごく高かったんですよ。なぜかというと、20代後半〜30歳前半くらいの技術者の顔ぶれ。プログラムも書けるし設計書もそれなりに書ける『何でもやります』タイプの人がそろっていたんです」

結局のところ、「SIerに転職したいのであれば、『新しい業務をやってくれ』と言われたら喜んで引き受けるくらいの意欲が必要」と山崎氏は力説する。

「SIerは汗水流すタイプの人が好きだから、自分の得意分野に執着するよりも、その仕事がなくなった時にも会社で生きていけるような気持ちを持たないと絶対にダメです。例えば人事部門の開発案件を担当していた人が、いきなり金融システムの構築をやれと言われても、『それはできません』では話にならないわけです。会社としては、ERP、Java、人事、会計、生産管理など、どんな分野でも稼ぎたいわけだから、『私は会計にこだわっています』というのは通用しません。『今は会計の仕事がないので、他の仕事をやってください』と言われるのが関の山です」

▲ページのトップへ