「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなヤツはいらない!!」 営業編 前編 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなヤツはいらない!!」 営業編 前編

30代以降の転職で求められる「経験」と「人脈」

中野 特定分野での経験や技術的なバック・グラウンドにこだわりすぎると、採用できる人は極めて限定されてしまいます。やはりそこは、新しいことを吸収していくポテンシャルを持った人を採用していくしかない。そうなると、やはりある程度若くて、地頭の良い人にならざるを得ないというのは正直なところです。

 

山口 30歳前後の若手の方が採用しやすいのは確かですが、ウチのようなベンチャーは若い人が圧倒的に多い。だから30代以降の人には、若手を引っ張ってくれるリーダー的存在、それから、自分の経験を語れるお手本的な存在となることを期待しています。

 

中野 30代半ばを過ぎると、当然、前職までに築いた顧客のネットワークに期待しますね。ただ、それまで扱っていた商品がウチの商品と直接バッティングする場合には、採用後、違う商品を扱う部署に配属するなどの配慮をしています。以前、前の会社とトラブルになっちゃってね。

 

山口 それはIT業界でもありますね。ERPパッケージ・ソフトの二大大手間の転職がタブーというのは有名な話ですが、そもそも、お客さんが引いてしまうことが結構ある。

 つい先日まで「A社の商品が一番いいですよ」と言っていた人が、突然ライバル会社のB社の商品を売り始めたら、人としての信頼性を疑われかねない。営業マンは、信頼が命ですからね。

 

優秀な人材は「異業種」から生まれる

中野 逆に言うと、既に顧客のネットワークを持っている営業マンが、転職して違う商品をそのネットワークに売っていくのもアリではないでしょうか。極端な話、MRをやっていた人が、医療系のITシステムを売ってもいいわけで……。

 

山口 確かに転職の際に必ずしも今の業種にこだわる必要はないと思います。新しい商品知識を吸収する意欲と能力さえあれば、選択肢のバリエーションは広がりますよ。

 

中野 営業マンの世界では特に、そういう形で人材の流動化がもっと進んでいいですよね。優秀な人材は、意外と違う業種から見つかるのかも知れません。

 

山口 人事マンも、「業種が違う」という理由だけで書類で落としていたら優秀な人材を逃しかねない。その意味で、採用側も視野を広げる必要があるということだと思います。

 

 

「山口:必要なのは知的水準の高さ。 今いる業種にこだわるな!」  「中野:ノリだけ採用は今や無理。 売り手市場でも安易な採用はない!」

▲ページのトップへ