「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなヤツはいらない!!」  〜経理/財務編(前編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなヤツはいらない!!」  〜経理/財務編(前編)〜

財務・経理からのステップアップ

山口 経理の仕事をしている人の中には、財務の仕事を「次」のキャリア・ステップと考える人もいます。日本でCFO(最高財務責任者)という肩書きが一般的になってきたことも、財務のポジションの地位向上に影響を与えたと思いますね。ベンチャー企業には、「将来、経営者になるために、財務の仕事を経験しておきたい」と考えている人も結構います。

 

中野 逆に財務出身者が経理に行くというパターンもありますね。個人の志向によりますが、経営に近いところで会社全体を把握して、働きたいのであれば財務部門がいいでしょうし、逆に特定分野に特化したスペシャリストとして極めたいのであれば、経理の方がいい。特に、大企業では経理の仕事は細分化されています。例えば国際税務のエキスパートや原価計算のエキスパートなど、各分野に特化したエキスパートがいます。ただ、いきなり狭い分野に行くよりは、一度、一通りのことを経験してから、自分の進む道を選択した方が、成長の余地は大きいと思います。

 

山口 経理や財務と一口に言っても、業務の幅は広いです。ベンチャー企業の場合、幅広く業務を担ってもらうことが多いので、一通り経験を積んでいる人は本当に頼もしい。いずれにせよ、転職する際には、まず最初に自分の最終的なゴールを決めてから、キャリアプランを描くのがオススメといえるでしょう。

(続く)

 

 

山口:資格がアピールできるのは第二新卒まで。経理の仕事と直結する実務経験を磨け! 中野:誠実な人間であるとともに論理的な頭脳を持ったネゴシエーターとなるべし!

▲ページのトップへ