「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜マーケティング編(後編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜マーケティング編(後編)〜
就職活動を始めると、「書類が通らない」「面接でうまくいったと思っても採用に至らない」など、悩みは尽きない。「未経験者歓迎のポテンシャル採用はどこを見ているのか?」といった疑問もあるだろう。そこで、有名ベンチャー企業と上場企業の人事マン2名に協力してもらい、欲しい人材像について対談してもらった。今回は、会社の売り上げに大きな影響を与えうる「マーケティング職」についてみていこう 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜〜マーケティング編(後編)〜
マーケッターとしてのセンスの示し方

MRからマーケッターに

大手アパレルメーカー マーケティング部 部長(人事担当)
柳澤博之

大学卒業後に入社。海外向けの宣伝とCIを担当した後、販売促進部で国内の商品宣伝を担当。その後、広報部のリーダーとして企業ホームページを開設するとともに人事担当となる。

花岡 マーケティング未経験者を採用した一例として、製薬会社のMR出身の方がいます。その人の場合、MRとして高い営業実績を残してきただけでなく、都心のブロック長として、営業戦略の企画、実行まで担っていましたね。販売促進はマーケティングの中でも重要な位置を占めていますので、その人の営業経験にかけてみようと採用が決まりました。

 

柳澤 キャリアチェンジのケースですと、広告業界の人もおもしろい存在ですね。広告代理店の場合、クライアントは多業種に渡っていることが多いし、クライアントにプロモーション戦略を提案するわけですから、マーケッターの素養は十分に備えていると思います。

 

花岡 マーケティングは、消費者の立場に立って次に売れるものを予測したり、消費者の購買意欲を喚起するキャッチフレーズを考え出す発想力など、センスも素養の1つ。そのセンスの良さを面接で示してもらえれば、未経験者をポテンシャル採用することは十分にあり得ますね。ただ、ポテンシャル採用の場合は、年齢的に20代後半くらいまでだと思います。

面接で応募企業のマーケティング戦略をプレゼン

化粧品メーカー 事業管理部 人事マネジャー 花岡正也

学生時代から仲間を募り、さまざまなデザインワークを行う。広告会社勤務を経て現社へ。自社の新規事業開発やマーケティングの一環として行った転職セミナーを機に人事マネジャーに抜擢される。

花岡 面接にパワーポイントの資料を持参し、いきなりミニ・プレゼンを始めた人がいました。「御社の商品はここをこう改善した方がいい」「今の市場動向はこうだから、販売戦略もこのように変えたら売上が伸びるはず」などマーケティング戦略の話だったのですが、リサーチ力の高さと独創的なアイデア、プレゼンスキルの高さを評価し、その人を採用しました。ちなみに、その人は営業出身で、マーケティングは未経験でしたね。

 

柳澤 人材紹介会社の人に聞くと、マーケティングの求人はここ数年で2倍近くに増えているそうです。人気職種なので応募する人も多いのですが、求められるニーズも高いので、即戦力になる優秀な人材を採用するのは容易ではありません。営業職などの異職種からマーケティング向きの人材を発掘するのも、人事の役目の1つとなりつつあると思います。

 

花岡 マーケティング は外資系企業の求人も多く、企業間で採用したい人がバッティングすることも少なくありません。ウチのようなベンチャーだと外資ほどは給与を出せないので、ほとんど負けてしまう。特に経験者となると完全に売手市場なので採用は難しい。ベンチャーは、ポテンシャル採用もやらざるを得ないと最近感じているところです。

 

 

 

続きを読む

▲ページのトップへ