「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなヤツはいらない!!」  〜マーケティング編(後編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなヤツはいらない!!」  〜マーケティング編(後編)〜

職務経歴書、面接のポイントは?

柳澤 未経験者の方に注意していただきたいのは職務経歴書の書き方です。大手の場合、マーケティング職といっても、リサーチ、商品企画、PR、販売促進、営業企画など様々な分野があるので、応募する側は、自分の強みの分野を採用側のニーズに合わせて表現できるどうかで書類審査が通過する確率は変わってきます。

 

花岡 世の中の流れは、消費者ニーズに合った商品を作る、いわゆる「マーケット・イン型」の考え方が主流になりつつあります。なので顧客の情報収集からプロモーション、顧客管理までを総合的に理解している人が最も求められてはいるのですが、それと同時にそれぞれの分野で強みを持ったスペシャリストがいてもいい。リーダーの下でメンバーが知恵を出し合った方が売れる商品ができる可能性も高まるはずです。マーケッターは個性的な人が多いので、リーダーには個々人の力を引き出す役割も求められることになりますね。

 

柳澤 マーケティングはクリエイターに近い職種で、自己主張が強いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際は、営業部門や広告代理店など多くの人を巻き込むため、自分の考えをしっかりと伝えるコミュニケーション能力に加えて、協調性や謙虚さが重要。あまりにも主張が強い人は、面接で落とされる可能性が高くなると思います。

 

花岡 特に「マーケット・イン型」を実現するためには、常に相手から学ぼうとする姿勢が重要なので、独りよがりな人は明らかに向いていませんね。その辺りは、面接でのチェックポイントになると思います。

 

柳澤:多くの人を巻き込むためにコミュニケーション能力に加え
協調性や謙虚さも備えよ

花岡:異業種からの人材を積極採用中!リサーチ力、プレゼン力に加えて発想力やセンスを示すべし

「マーケティング職」の求人情報を見る

▲ページのトップへ