「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜プロジェクト・マネジャー編(前編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜プロジェクト・マネジャー編(前編)〜
就職活動を始めると、「書類が通らない」「面接でうまくいったと思っても採用に至らない」など、悩みは尽きない。「未経験者歓迎のポテンシャル採用はどこを見ているのか?」といった疑問もあるだろう。そこで、有名ベンチャー企業と上場企業の人事マン2名に協力してもらい、欲しい人材像について対談してもらった。今回は、プロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ「プロジェクトマネジャー」についてみていこう 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜プロジェクト・マネジャー編(前編)〜
「緻密さとポジティブ思考」がカギ

若手PMが転職市場にいない理由

<ベンチャー企業代表>ソフトハウス  事業開発部 
人事マネジャー 滝俊介(仮名)

大学院進学と同時に創業メンバーとしてアルバイトから参加。その後、大学院を中退して第1号社員となる。営業、海外事業担当、メディア事業担当を経て、昨年から人事マネジャーとなる。

徳永 SIerをはじめ、IT事業を展開する企業は、おそらくどこでもプロジェクト・マネジャー(以下PM)の不足に頭を抱えているだろうと思います。逆に言うと、PM経験者に対するニーズは非常に強く、転職市場では完全な売手市場になっています。

 

 ウチがお付き合いしている人材紹介会社の担当者も、「PMの求人はすさまじい量だが、候補者がなかなか見つからない」とこぼしていました。

 

徳永 転職候補者がいない原因の1つは、転職意欲が旺盛な若い世代のPMが育っていないことが挙げられると思います。大手のSIerなんかでは、管理職がPMを務めていることが多いので、そもそも若手にPMを経験する機会がまわってこない。そして、管理職のPMは今の地位を捨ててまで転職しようとはなかなか思わないので、結局、転職市場にはPM経験者があまり出てこないという現象が起きているんじゃないでしょうか?

 

 また、もし管理職のPMが転職市場に出てきても、適したポジションはないかもしれません。プロジェクトはいろいろ予期しないことが起きます。保身を優先しがちな大企業の年配管理職が、効率的で新しいやり方にチャレンジする柔軟な対応ができるとは思えません。日本のIT産業の発展のためにも、これからは優秀な若手をPMに抜擢していくべきでしょうね。

 

徳永 それは採用する企業側にも言えるかもしれません。転職市場に完成されたPMがいないのであれば、ヤル気のある若手の優秀なSEなどを採用して、PMに育て上げていく必要があると思います。

プロジェクトが失敗する原因

大手ベンダー  ビジネスサポートグループ 
人事部長 徳永秀雄(仮名)
柳澤博之

大学院卒業後に入社し、SEのキャリアをスタートさせるが、マネジメントに興味を持ち、プロジェクトマネジャーに転身。自身のプロジェクトのメンバー集めで人事部と関わった後、人事部長となる。

 「PMにはなりたくない」という人が増えている話も聞きます。お客様とプロジェクトメンバーの間で板挟みになって苦労しているPMを見ているからなんでしょうね。

 

徳永 もう1つは、プロジェクトが失敗すると、会社が責任をすべてPMに押し付ける傾向があるからだと思います。プロジェクトの失敗の要因は、そもそも営業が決めてきた受注金額や納期に無理があったり、メンバーのスキルが不足していたりと、さまざま。それをPM1人のせいにするのはあまりにも乱暴です。特に大企業では、PM1人を悪者にして他のメンバーは責任逃れする傾向があるのは事実でしょうね。

 

 それはプロジェクトが失敗した本当の原因から目をそむけることでもあると思います。最近はプロジェクトがうまくいかないケースが増えていると聞きますが、メンバー1人ひとりが責任持って取り組まない姿勢が失敗の原因となっているのかもしれません。

 

 

 

続きを読む

▲ページのトップへ