「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜経営コンサルタント編(前編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜経営コンサルタント編(前編)〜
就職活動を始めると「書類が通らない」「面接でうまくいったと思っても採用に至らない」など、悩みは尽きない。「未経験者歓迎のポテンシャル採用ってどこを見ているの?といった疑問もあるだろう。そこで、有名ベンチャー企業と上場企業の人事マン2名に協力してもらい、欲しい人材像について対談してもらった。今回は、企業の経営全般に関する問題解決を支援する「経営コンサルタント」についてみていこう 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜経営コンサルタント編(前編)〜
他業種からの転職希望者にチャンス到来!

エンジニアや営業マンが大手ファームに転職するケースも

大手コンサルタント会社 ディレクター 橋本智明(仮名)

大学修士課程修了後、エンジニアリング会社勤務を経て入社。通信、メディア、金融など広い分野における全社戦略、企業提携・買収、組織設計といった経営課 題に対するコンサルティングを行う

橋本  大手の経営コンサルティング会社は、今、積極的に採用を行っています。企業の業績が好調で、コンサルティング会社への仕事の依頼が増えていることが背景にあり、この活況はしばらく続くと思いますね。今後、日本企業が「労働集約型」から「知的集約型」の企業体制に変革していく中で、経営コンサルティングが果たす役割は大きいはずですから。

上妻  求職者にとって、敷居が高いと見られてきたコンサルティング会社も、最近、だいぶ門戸が広がってきたと感じます。旧会計事務所系コンサルでも、以前であれば採用されなかったような人たちが結構採用されているようです。若手だと、エンジニアや営業マンからのキャリアチェンジ組も多いと聞いていますね。

橋本  旧会計事務所系コンサルは業務の領域を広げていますので、それに合わせて求人募集は増えています。今や旧会計事務所系コンサルは、戦略立案から業務プロセス改革、IT改革、さらに人事改革と、非常に広い領域をカバーしていて「総合系コンサル」と呼ばれるようになっているくらいですから、当然多種多様な人材が必要になってきます。他業界から転職を希望する人にとってはチャンスですね。

上妻  旧会計事務所系コンサルの業務領域拡大によって、IT系のコンサルティング会社も経営コンサル的な要素を持たざるを得なくなっています。要件定義をする前の段階から提案できないと、仕事が取れなくなっているからです。これからは大手のIT系コンサルタント会社でも、ある程度経営コンサルティングの機能を持つようになっていくと思います。

経営コンサルティング会社の面接で「やってはいけないこと」

人事制度専門コンサルティングファーム 代表取締役社長 上妻亮太(仮名)

大学卒業後、大手不動産会社に入社し、人事部で採用・労務管理・研修・制度設計などの業務を10年間従事。バブル崩壊時には人事面からの経営立て直しに携わ る。この経験を生かし同僚と起業

橋本  積極的に採用を行っていると言っても、他業界と比べると経営コンサルティング会社のハードルは低くはありません。戦略系になると、面接は4〜5回が普通です。

上妻  戦略系の面接は特殊ですよね。「日本にガソリンスタンドは何店舗あるのか」とか、「日本にいる蚊の数を一日でどうやって数えるのか」とか(笑)。あれで面食らう人は多いみたいです。

橋本  そんな問題に対して正解はないですし、私たちも答えそのものを聞きたいわけではありません。大切なのは、突拍子もない質問に対する “反応”です。経営コンサルタントはお客様から無理難題を押し付けられることが多いので、困難な状況をいかに上手く切り抜けられるかが重要になってきます。言い換えれば“サバイバル精神”。ゴマかしても、そのゴマかし方が素晴らしければそれでいいんです! 一番マズイのは、固まって何にも答えられないパターン。何もアイデアが浮かばないような人はまず経営コンサルタントは務まりません。

上妻  自分の言いたいことを言って終わるのもNGだし、防御に走って「自分の主張さえ守ればそれで良し」といった態度は最悪。コンサルタントは、お客様を説得できなければ、必ず代わりの答えを探してこなければいけません。「自分の主張を否定されなければいい」といった考えは捨てた方がいいですね。逆に、こちらへの質問に対してあえて答えずに、逆に質問を投げかけて、ディスカッションにつなげるのはアリでしょう。

続きを読む

▲ページのトップへ