「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜経営コンサルタント編(後編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜経営コンサルタント編(後編)〜
就職活動を始めると「書類が通らない」「面接でうまくいったと思っても採用に至らない」など、悩みは尽きない。「未経験者歓迎のポテンシャル採用ってどこを見ているの?といった疑問もあるだろう。そこで、有名ベンチャー企業と上場企業の人事マン2名に協力してもらい、欲しい人材像について対談してもらった。今回は、企業の経営全般に関する問題解決を支援する「経営コンサルタント」についてみていこう 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜経営コンサルタント編(後編)〜
スキルを身につけ、次なるステージへ

“クビ”を恐れて転職を躊躇

大手コンサルタント会社 ディレクター 橋本智明(仮名)

大学修士課程修了後、エンジニアリング会社勤務を経て入社。通信、メディア、金融など広い分野における全社戦略、企業提携・買収、組織設計といった経営課 題に対するコンサルティングを行う

橋本  コンサルタント志望者には日系の大手メーカーや金融機関に勤めている人も多いのですが、彼らから、「御社ではパフォーマンスが悪ければすぐクビになるのですか?」と面接で聞かれるケースが結構あります。こちらで内定を出しても、最終的には転職に踏み切れず内定を辞退する人もたまにいますね。コンサルタントの仕事に興味や憧れはあっても、安定性を考えると、今の職をなかなか捨てられないんでしょう。

上妻  成果主義だ、実力主義だと言っても、日本の大手企業にはまだ年功序列が色濃く残っていますからね。もちろん、それが悪いというわけではありませんが、その環境に慣れてしまうと、外資系コンサルティングファームのような「アップorアウト(昇進するか、さもなければ辞めるか)」の世界には適応するのに、かなりのエネルギーを要するのかもしれません。

橋本  それでも、これだけコンサルタント志望者がいるのは、コンサルタントの仕事に魅力があるから。若いうちから色々な企業の経営に近いところを見られる職種はあまりないですからね。

コンサルの経験を生かして経営幹部

人事制度専門コンサルティングファーム 代表取締役社長 上妻亮太(仮名)

大学卒業後、大手不動産会社に入社し、人事部で採用・労務管理・研修・制度設計などの業務を10年間従事。バブル崩壊時には人事面からの経営立て直しに携わ る。この経験を生かし同僚と起業

上妻  確かに仕事はハードだし、プレッシャーも大きいですが、数年後の経験値の高さは、日本企業にいる同世代の人とは比べものになりません。他の業界では、若い社員が社長に提案できる機会は皆無に等しいですし、社長の顔さえ見たことがない人も多いですからね。

橋本  戦略系のコンサルタントであれば、新規事業の立ち上げや今後の会社の経営方針、M&A戦略など、扱うテーマは会社のトップ・シークレットに属するものになります。また、ITコンサルタントであれば、会社の業務に深く入り込むことになります。このような経験を早いうちに積めば、経営幹部や起業を目指す人にとっては、かなりの強みになると思いますね。

上妻  おかしな話かもしれませんが、コンサルタントの仕事を語る際には、どうしても「辞める」ことを前提にせざるを得ない。実際、大手ファームでパートナーまで残っている人は少数派で、ほとんどの人は、そこまで到達する前にコンサルタントを辞めてしまいます。

続きを読む

▲ページのトップへ