「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜広報編(後編)〜 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜広報編(後編)〜
就職活動を始めると「書類が通らない」「面接でうまくいったと思っても採用に至らない」など、悩みは尽きない。「未経験者歓迎のポテンシャル採用ってどこを見ているの?といった疑問もあるだろう。そこで、有名ベンチャー企業と上場企業の人事マン2名に協力してもらい、欲しい人材像について対談してもらった。今回は、企業の「顔」として情報のコントロールを行っている「広報」についてみていこう 「人事マンが語る“人気職種”採用現場のホンネ」 徹底討論「こんなやつはいらない!!」 〜広報編(後編)〜
社内にも社外にも効果的に情報発信

採用基準は仕事の「実績」

大手メーカー 広報室 室長 長島由紀子(仮名)

大学卒業後、入社。同社秘書室に配属され、3年後に広報室に異動。プレスリリースの配信、記者会見の対応などの業務をこなす。あらゆるメディアを駆使する“ 広告・宣伝のプロフェッショナル”

長島  広報は転職希望者が非常にたくさんいます。ただ、この職種は大手企業でこそ確立しており、中小企業では総務などと兼任していることも多い。広報の仕事だけを本格的に取り組んでいきたいとなると、転職の難易度は高くなると思います。

安永  しかも、中途になると多くの場合は経験者を採用するので、余計にハードルは高い。最低3年の経験は欲しいところです。

長島  しかも、業種や商品が違うと、必要とされる知識やノウハウも大分変わってくるので、採用側としては、同業界の経験者を最優先で採用したがります。特に、広報が会社の命運を左右する製造業やサービス業、流通業などではその傾向が強いですね。

安永  同業界の経験者に適した人がいない場合、次に目を向けるのが異業界の広報経験者です。しかし、人気の商品を扱っているメーカーなどには異業界からも転職希望者が殺到するので、かなりの狭き門。自分の好きな商品やブランドを伝えたいという「思い」を持つことは大事です。

広報に近い仕事をして経験を積む

広報コンサルティング会社 代表取締役 安永道弘(仮名)

大学卒業後、外資系コンピューターメーカーの広報部門で長く活躍。実務経験をコンサルティングサービスとして提供するため会社を設立。主にIT企業を顧客に 持ち、広報に関するコンサルティングを行う

長島  それでも適した人がいない場合は、未経験者を採用する場合があります。ウチの会社では、これまでマーケティングや営業、経営企画出身者を採用した例があります。これらの職種は、広報との関連性が強い。マーケティングは広報活動のベースになるものですし、企画営業は常に消費者・ユーザーに向き合っている点で広報と同じ視点を持っていますから。

安永  広報活動を通じたブランド戦略は、経営戦略そのもの。ただ、まったくの未経験からの転職はかなり難しいので、まずは経験を積むために、広報の仕事を兼務している中小企業の総務部などに入るのも1つの方法でしょう。

長島  PR会社に入って経験を積むのも手です。一般的に、PR会社は企業の広報に比べてハードルが低いので、未経験者にとっては狙い目だと思いますね。ただ、PR会社は会社ごとに業務内容が大きく異なります。将来自分が転職したい業界のPRを手掛けているかどうかを確認してから入社を決めるといいでしょう。PR会社出身者を採用する場合も、やはり同じ業界の商品やサービスのPRを経験した人が優先されますので。

続きを読む

▲ページのトップへ