ハイエッジ 第二回 中村 憲剛ハイエッジ 第二回 中村 憲剛

心は熱く、頭は冷静に

監督の言うことは素直に聞きますね。自分ではわからないことを客観的に指摘してもらって、上手くなりたいですから。
監督の言うことは素直に聞きますね。客観的に指摘してもらって、上手くなりたいですから。

 もちろん今後も、日本代表のメンバーに選ばれ続けたいですが、あまり先のことは考えないようにしています。もともと目の前のことを1つずつやってきた人間ですし、そうしていれば、おのずと将来につながっていくと考えているからです。

 これまで自分がやってきたことに自信は持っていますし、自信がないとプロではいられないと思ってます。もっともっとサッカーが上手くなりたい。ミスのない選手になって、自分が出る試合には全部勝ちたい。まだまだやるべきことはたくさんあります。

 今までサッカーを続けてきて、負けた試合は全部悔しいです。負けず嫌いなんですよ。それも相当な。だから、どうしても熱くなります。学生のときには、よく試合中にキレていましたね。イエローカードも年に1〜2枚はもらっていました。「司令塔」のポディションでイエローをもらう選手はなかなかいないんですけど(笑)

 でも、今は試合中に怒ることはだいぶ減りましたね。結局、文句ばかり言っている選手に対しては審判はいいイメージを抱かないだろうし、カードをもらって試合に出られなくなったら自分も損。しかも、チームにも迷惑をかけてしまう。今は、ゲームをコントロールするボランチとして、「心は熱く、頭は冷静に」を心がけています。

ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ