プレゼン、面接、会議……
強いキャリアを創るためのホンネ対談
おちまさとプロデュース「偉人伝心」
〜あなたのシゴトに効く! プロフェッショナル仕事術〜

≪前のページへ123

アンケートから正解は見つからない

五味理論は真似ではなく
吸収してこそ意味がある
(おちまさと)
おち

ただ、難しいのは、企画ってある意味「先取りのマーケティング」じゃないですか。五味さんが最初におっしゃっていたイメージ力にもつながるのですが、どんなに計算したところで、最終的には「当たった・ハズれた」っていう“予言”でしかない。だから、1万人から「どんな番組を見たいか」というアンケートをとっても正解が出てくるわけではないですよね。むしろ潜在的に眠っているものを大衆の代弁者になって掘り起こすというか……。

五味

ヒントは無限大に転がっていて、むしろ「飽和状態にこそスキマあり」なんだけど、そこを見つけるには自分を1回忘れる作業をしなくてはならないんですよね。これが苦しい。主観や思い込みを1度パーンと飛ばさなくてはいけないわけですから。そうすると、自分の中に別人格のキャラクターが降りてくる。僕は「1000万人を頭の中に住まわせている」って表現を使うけど、僕もおちさんも、そういったことを無意識のうちにやっているんじゃないかな。

おち

僕は何かを考えるとき、頭の中に女子大生がいるんですよ。最終ジャッジを下すのは彼女。五味さんの中にも誰かいそうですよね。マジカル頭脳パワーや歌の大辞10などから推測すると30代〜40代の主婦かなという気がしているんですけど。

五味

そういう意味でいくと、一番強いのは小学5年生の男の子だね。うん、5〜6年生だな。子供が楽しそうに遊んでいるのをお母さんが「何やってるの、どれどれ?」って見に来て、一緒に遊び始めちゃう感じ。

おち

なるほど! だから、お茶の間のゴールデンタイム向きなんだ。五味さん、今後ハズすことってあるんですかね?

五味

う〜ん……。ないんじゃないかな(笑)

≪前のページへ123


ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ