告白シリーズ 採用の裏側を現役担当者がバッサリ!

人事マネジャーの告白 人事はどんなIT人材を採りたいのか?(2/2)

ホンネを引き出すのが人事の役目

面接は緊張して当たり前。限られた時間でいかに当人の長所と短所を見極めるか。人事の腕の見せ所である

僕たち人事は、一次面接と役員面接の間、つまり一次面接を通った人が役員面接を受ける前に面接をやります。人事の役目は、ホンネを引き出すこと。転職の状況とか、年俸とか今後どういう仕事をしたいのかとか……。相手が心を開いてくれるように、なるべくラフな感じで話すようにしています。

その場でホンネをしゃべったからといって、そこで落とすことはありません。ただ、社会人をやっていたら、「これは言ってもいいけど、これは言っちゃいけない」というのがあるじゃないですか。天真爛漫でそういうことを言っちゃうキャラの人もたまにいますけどね。でも本当に要注意なのは、計算高さが見える人なんです。

逆にそういう人には、ちょっと突っ込みを入れます。友達と話してもあるじゃないですか、「こいつ何か隠しているな」とか「こいつ良く思われたいと思っているな」とか。特に最近の若い人や新卒の人の中には、すごく気を使って防御しながら話をしているために言葉の選び方がおかしい人が結構います。

天真爛漫も計算高さも、ある程度は必要なんだろうけど、両極端だと会社に入っても、うまくいかないことが多い。やっぱり、バランスがとれている人が好ましいですね。

採用決定における人事の影響力

一次面接で現場がOKを出したら、ウチの場合はとりあえず役員面接に上げます。もちろん、現場がいいと言っても、人事面接で、例えば誠実さに欠けるとか、何らかの問題が見つかった時には「人事としては積極的に推薦できない」というスタンスで役員に進言します。

とはいえ、人事主導の新卒と違って、中途の場合はあくまで“現場主導”。現場の人が欲しいと言っているのに、人事がこれを覆すことはめったにありません。あくまで現場の意見を尊重しながらも、「素通りはさせませんよ。たとえ現場がOKだからと言ってもね」という、抑え役的な役割を人事が果たしているわけです。だから「現場がぜひ採用したい」と言っても、役員が落としてしまうことはあります。

ウチの会社は役員面接がすごく厳しいんですよ。きっちり見るので安心感はあるのですが、現場が欲しいと言っていて、かつ人事も「欲しいな」と思ったら、人事として役員にきっちり意見を言います。役員面接の後に、その結果を役員にヒアリングするんですが、その時には、僕の意見がかなり反映されますね。少しくらいマイナスポイントがあっても、僕が採用したいと思えば、たいていの場合、採用の方向に話を進めることはできます。その意味では、いくら中途は「現場主導」と言っても、人事面接もすごく重要なのです。

▲ページのトップへ