告白シリーズ 採用の裏側を現役担当者がバッサリ!

人事マネジャーの告白 エンジニアの面接必勝法とは?(2/3)

1社目が人気企業よりも、採用の決定打になるのは?

初対面だからこそ、事前の書類チェックが重要。一流企業だったかどうかは、あくまでオマケだ

面接ではお互いが初対面ですから、こちらとしても面接を受ける人がどんなマインドやキャラクターの持ち主であるのか、一生懸命に探ります。もちろん、それを探るのは簡単なことではありません。

面接を受ける人がどんな人かを見極める判断材料の1つとして、これまでどんな会社にいたかは当然見ますよ。一概には言えませんが、人事担当者の目から見ると、特に1社目は人気のある、いわゆる“優良企業”に行っていたほうが安心感はありますね。

その理由は2つあります。1つ目は、やはりポテンシャルが高い人は、1社目には優良企業に行くケースが多いということです。そういう会社だと競争率も高いし、厳しい面接をくぐり抜けて採用されているわけだから、ビジネスマンとして一定の水準をクリアしている可能性が高い。少なくとも“大ハズレ”の確率は減るでしょう。2つ目は、優良企業ではだいたい社員教育がしっかりしているので、きちんとしたビジネス・マナーが身に付いているということです。

もっとも、人気企業にいたという経歴は、判断材料の1つになりますが、採用の決定打にはなりません。その会社でどんな立場でいかなる業務をこなしていたかが、一番重要です。いくら人気企業にいても、その会社で成果を挙げるために努力し、きちんと経験を積んでいなければ、我々人事担当者もキャリアとしては評価しません。

具体的な根拠と仕事ぶりが見えないとダメ

自分自身をいかに論理的にアピールできるか。面接に“ホワイトナイト”はやって来ない……

面接時は、面接官が応募者の仕事ぶりをイメージできるように、具体的な話をするよう心がけてほしい。具体的に業務内容を話せなければ、せっかく素晴らしいスキルを持っていても、仕事に関するイメージがこちらに伝わってきません。となると、面接を受けた人が良いか悪いか判断できないので、我々としても採用するわけにはいかないのです。

そもそもそういう具体的に話せない人は、会社に入ってからも厳しいと思います。面接で具体的な話ができないなら、きっと顧客のところに行ってもできないでしょうし、入社後に上司や同僚となる人ともうまくコミュニケーションできないでしょう。そうなると、人事も「採用は見送った方が無難だね……」という結論にならざるを得ないわけです。

その人の仕事ぶりをイメージするために僕がよく投げかけるのが、「社内に尊敬できる人はいましたか?」という質問です。誰と出会ったかということが、その人がどんな仕事をしていたかということにつながることが多いからです。もちろん、一概にそう言えないことも十分にあり得るので、もし尊敬できる人がいなかったとしても、それ自体は問題ではありません。面接で重要なのは、答えそのものではなく、受け答えする内容の「理由」なんです。

例えば、「僕が社内で一番能力が高かったので、尊敬できる人とは出会えませんでした」と言うのであれば、何名のプロジェクトでどのようなポジションでどんな仕事をしていたのかを、我々に具体的に説明してもらいたいわけです。話の内容にきちんとした根拠が見えれば、「この人はできる人なんだな」と我々も納得できる。

話の内容にきちんとした根拠がないと、こちらからいろいろ質問されるうちに必ず答えに詰まります。だから面接では、伝えたいことの根拠を必ず説明できるようにしておくことが大切です。

▲ページのトップへ