告白シリーズ 採用の裏側を現役担当者がバッサリ!

人事マネジャーの告白 エンジニアの面接必勝法とは?(3/3)

面接で一番恐れるのは「何もイメージできないこと」

応募者が価値の高い仕事をしてきたかどうかは、会社名や所属部署、ポジションを見ただけでは判断が難しい。結局、面接官ができることは、応募者の話からイメージを膨らませることだけです。

我々人事担当者にとって一番怖いのは、「何もイメージできない」ことなんです。「なんとなくいい」、「なんとなくダメ」では、人事は採用ステップを進めるか否かを判断できません。ましてや、社内で上司に“ロジカル”に説明できません。

面接官はみなきちんとした論理的思考を持っているので、「なんとなく」なんていう言葉は使わないし、好きではない。また、そんないい加減な判断では、せっかく面接に来てくれた人にも失礼だと思います。

なぜその人がいいのか、その人の悪い点はどこなのか、人事担当者だけでなく面接官全員が具体的に説明できることが、採用を決定する際、最低限の基準になります。面接終了後、面接官は上司や関連部署への報告を求められるし、面接官が書き込んだ面接シートを見ても、応募者の良い点、悪い点などが、ビッシリと書き込んであります。そこまでのプロセスを踏まなければ適切な判断はできません。逆に言えば、面接される人はそこまで見られているのです。

面接官にアピールすべきは、自分の能力や人物像

とはいえ、面接だけで応募者のすべてを把握するのはすごく難しい。正直に言えば、間違って採用してしまうこともあります。テストみたいに数値で判断できるわけではありませんからね。

面接というのは、その人の話から、能力や人物像を「想像」させる作業です。自分の良い仕事ぶりをいかに人事担当者や面接官の頭の中にイメージさせるか。これが合否の分かれ道だということを理解してほしいですね。

▲ページのトップへ