自分探しの自己演出講座

index

第1回 あなたには可能性がある「実はあなたはすごい!」

もしもあなたが、次のどれかにあてはまるとしたら…
  • 果たしてこのままでいいのだろうかと悩んでいる
  • 上司や先輩を見て「あんな風にはなりたくない」と思う
  • かといって何か特にやりたいことがあるわけでもない
  • 得意なことがあるのかどうかも分からない
そんなあなたのために、良い方法があります。

皆さんこんにちは。“自己演出プロデューサー”の鶴野充茂です。

私は最近、勤めていた会社を辞めて独立したのですが、それを周囲に伝えた時に最も多かった質問は、「一体、どうやってその仕事でやっていこうと決めたのですか?」というものでした。

実は私も長年、自分が進むべき道が分からずに悩み続けていました。
しかしたった1つのことを続けていたお陰で、気がついたら自分の道を決めて独立していたんです。

それは何かというと「情報発信」です。

もともと私は、仕事で情報発信やコミュニケーションをテーマに経験を積んでいたので、将来、自分の名前で仕事ができるようになるために、仕事のかたわら、「自分自身」の情報発信も細々と続けていました。すると、ある頃から自分の周りに人が集まり始め、取材されるようになり、本を出版したり連載を持ったりできるようになったのです。情報は発信するところに集まる、ともよく言われますが、まさにそのことを実体験したと言えます。

さらに不思議なことに、周囲の人は私のことを勝手に専門家扱いし始めるので す。「すごいですねぇ!」なんて言って。

自分に特別な才能や強みがあったとは思えません。画期的なことをやったわけでも、何かで記録を作ったわけでもありません。ただ1つ、ちょっと工夫をしながら情報発信を続けていただけなのです。それがいつの間にか、周囲の人たちが自分に期待してくれているのです。そして単純にその期待に応えているだけで、ある時、自分の前に道が見えました。

そして私は確信しました。これまでの自己啓発は自己分析(自分の深堀り)を中心に語られてきましたが、これから重要なのは自分発信です。

これまでと違って、プロジェクト単位の仕事が増え、転職が一般的になりつつある現在、新しい顔ぶれでチームを組み、自分のスキルや経験を説明しながら次の仕事につなげていく必要性が増しています。そんな時、経験や知識は貴重なものですが、それを持っていることを伝える工夫をしなければ、誰もあなたを頼りにできません。

ここで効果的な自分発信が必要になってくるわけです。

一方で、たとえ今、自分では明確な目標を持つことができなかったとしても、ほんの少し意識して情報発信していれば、周りの人たちが自分に対して進むべき道を教えてくれるようになります。情報発信によって自分の次のステップを期待してくれるからです。

人格を改造する必要も、占いの運気を気にする必要もありません。
やってみたら、周りのあなたを見る目が変わってきます。

「実はあなたはすごかったんだ!」
そんな風に言われる日もそう遠くないかもしれません。

それがこの「自分探しの自己演出」です。

プロフィール

鶴野充茂氏
鶴野充茂(つるの みつしげ)ビーンスター株式会社 代表取締役

blog : http://www.kohoman.com/blog
メルマガ : http://www.mag2.com/m/0000023445.htm

大阪府堺市出身。筑波大学(心理学)、米コロンビア大学院(国際広報)卒業。
外務省在外公館派遣員として在英国日本大使館で要人接遇という「対人コミュニケーション」業務、国連機関や米系PR会社、メーカーで広報という「コーポレート・コミュニケーション」業務、そしてライセンスや提携アライアンスという「企業間コミュニケーション」業務など一貫して「コミュニケーション」をテーマに経験を積み、2005年2月に独立。
効果的な情報発信をコアにしたコミュニケーション技術を教えている。著書に、「転職を考え始めたら読む本」(全日出版)「できる社員は要領がいい」(DART)「つるの式仕事術」(IEC)などがある。

▲ページのトップへ