「家庭」と「仕事」は両立できる 激務の中で募る子育てへの思い

数年前に離婚しましたけど、別に結婚や子育てに興味がないわけではありません。実は、できるなら子供を生んでみようかなと思っています。女性であり、かつプロマネである私の立場でも、仕事だけでなく子育てもできるんだよ、ということを証明したいんです。

仕事に臨むのと同じ姿勢で子育てにも取り組むと思うので、案外「良き母」になれるかもしれません(笑)。実際のところは、体験してみなければ分かりませんけど。

だから、子供が生まれても仕事は続けるつもりです。元々飽きっぽいので、専業主婦は向いていませんし(笑)。私の母親は専業主婦だったんですけど、それを見ていて「私には務まらない」と思ったんです。IT業界と比較すれば、時間の感覚も違うと思いますし。主婦業だけで満足できないのかもしれません。

付き合うなら異業界の方がいい それでも「結婚」は恐怖との葛藤

ただ、仕事を続けるとはいっても、前みたいに“仕事オンリー”にはなりたくないですね。そんな生活に終始していると、むなしさを感じるときもありました。夫がいた頃は、日々の仕事に突進しているだけでしたが、今は時間管理もうまくなって、気持ちに余裕が持てるようになりました。徹夜もしなくなりましたしね。そういう意味では、以前よりプライベートは充実しています。

今の彼氏は異業種の人です。昔は同じ業界の人の方が仕事について理解してくれると思っていました。他業界の人には、エンジニアの激務ぶりなんか想像してもらえないと思ったからです。だけど、30歳を過ぎてから嗜好が変わってきて、落ち着く場っていうか、「現実から離れる場って必要だよねっ」て思うようになりました。彼といると仕事から完全に離れられるので、今は違う業界の人の方がいいと実感しています。

その彼とも結婚の話が出ていますが、まだ躊躇(ちゅうちょ)する気持ちはあります。やっぱり、以前より余裕ができたとはいっても暇なわけではないし、彼はカウンセラーをやっているので土日が忙しい。もっぱら休みは平日ですね。ゆっくり会える時間が少ないので、デートはもっぱら電話……今はそれでよくても、結婚した途端に前の夫みたいに「仕事なんか辞めろ!」ってことになるんじゃないかという恐怖心はありますね。

▲ページのトップへ