コンサルタントとPM・SE その間にある深い溝

コンサルティングとSIを「別物」とすることは、コンサルタントの言ったことをプロジェクトのスコープから外すことでもあるので、担当コンサルタントから文句を言われることはよくあります。

もちろん、コンサルタントだって、お客さんの業務を効率的にしたり、もっと売上げが上がるようにしたいといった信念に基づいて色々提案しています。ただ、お客さんのシステムの現状を知らなかったり、お客さんが本当に何を望んでいるのかを知らなかったりということが多いんですね。

その原因の1つが、コンサルタントのほとんどが、お客さん側のPMばかり見ているということです。「PMさえ喜んでくれればいい」みたいな……。PMのツボさえ押さえておけば次の受注につながると思っているんですね。

でも、いくらPMと仲良くしても、それで長期間のリレーションが作れるわけじゃないでしょ。その人が人事異動や転職でどっかに行っちゃったら終わり。私たち現場は、システムを実際に使う人たちに「今までより効率が上がった」って実感してもらうことに重きを置くので、その点に関しては、かなりギャップがありますね。

ほとんどのコンサルタントはシステムの基本がわかっていない

もう1つは、そもそもコンサルタントは、システムがどう動くかわかっていない人が多いということ。“丁稚奉公”じゃないですけど、ほとんどのコンサルタントは、私たちSE出身者みたいに、若い頃にシステムの基本を叩き込まれた経験がないので、やっぱり技術的な知識が弱いんですよ。

「それがコンサルというもの」と言ってしまえばそれまでですけど、お客さんはシステムのことがよくわかっている人たちばっかりなので、「わかりません」では通用しないと思うんです。

だから、私たち現場サイドの人間は、コンサルタントに文句を言われても、「それはご意見として承りますけれども、『やりたい』という気持ちと、実際にシステムが動くかどうかは別の話ですから」と突っぱねてしまうこともありますね。

▲ページのトップへ