早朝の『めざにゅ〜』が終業チャイム!? 仕事のしすぎとストレスで病気に

もっと悲惨だったのは、初めてプロマネになった時。あれは地獄でしたね。朝10時にはプロジェクト先に行き、夜11時くらいまではプロジェクトルームで仕事。それだけでは終わらないので、朝の4時くらいまでは家で仕事。あの頃はほとんど毎日『めざにゅ〜』(フジテレビ系・平日・放送開始〜5:25)を見ていました。

めざにゅ〜は、平日の放送開始から始まるニュース番組で、「これから寝る人おやすみなさい、今起きた人おはようございます」っていうセリフで始まります。その時間になっても、まだ作業が終わっていなくて、毎朝アセりまくっていました。

それが終わらないと、次の日のプロジェクトの進行に影響が出てしまうので必死になってどうにか形をつけて、それから2時間くらい寝て、出社してすぐに自分の下についているメイン・リーダーと「この件なんだけどどう?」って折衝するのが日課。それが半年くらい続きました。土日? まったくなかったですよ。

そんな毎日を送っているうちに、寝不足とストレスで、メニエール病というめまいが起きて、耳が聞こえにくくなる病気になっちゃって……。あの時は、ホントにこれからどうしようかと思いましたね。まあ、今では「あの時の辛さを思えば何でも大丈夫」って考えられるようにはなりましたけど。

女性PMは小規模プロジェクト向き でも大規模プロジェクトに挑戦したい!

同じPMでも、みんなが、私のような経験をしているわけではありません。ずっと粛々と進む楽なプロジェクトばかりやっている人もいます。どういうプロジェクトに当たるかは運ですね。

PMには、小さいプロジェクトでうまくいく人と、大規模プロジェクトでうまくいく人の2種類のタイプがいると思うんです。小さいプロジェクトでは人間関係がすごく密になるので、人間関係を上手にコントロールできる人、1人ひとりのケアが十分にできる人が向いています。逆に大規模プロジェクトは、ドンブリ勘定で、「君たちに任せたから」と言い切れる人、ものごとを巨視的に捉えて、細かいところは担当した者に任せてしまう、というタイプの方がうまくいきますね。

女性は小さいプロジェクトの方が合いますね。女性の場合、どうしても細かいことを気にしてしまって、大きく構えられないことが多いので。大規模プロジェクトは、やっぱり体育会系のオジサンの方が向いています。

私の場合、将来的には、スタート時点で100人以上の大規模プロジェクトにチャレンジしてみたい、という気持ちはありますね。こんなに辛い思いをしてきたのにちょっとマゾっぽいですけど、そこは今のところ女性が進出していない領域なので。女性PMとしてのロール・モデルからは外れていると思いますが、前例がないからこそやってみたい。今のところは、まだスキル的に無理だと思いますが、2〜3年以内には実現したいですね。

▲ページのトップへ