2007年 新春企画  成功するITエンジニア最新事情  30代・年収1000万円の条件

トレンドに乗れば技術一本で年収1000万円

  得意な技術だけで年収1000万円を目指すことも不可能ではないが、その確率はコンサルタントやプロマネに比べれば低くなる。戸村氏いわく、技術力で年収をアップさせるコツは「トレンドに乗ること」がその1つだという。

  「まずは、スキルと業種のトレンドをキャッチし、今エンジニアがひっ迫しているのはどこかを見極めることが重要。現在は、業種でいえば金融業界。手形、決済、為替といった勘定系システムを扱うSIerは、金融業界独特のシステムを理解したSEを喉から手が出るほど欲している状況ですね」

  スキルでいえば、2007年問題でニーズが高まっているCOBOL、汎用機系のほか、オープン系、Web系、アプリケーション系などすべての分野のエンジニアが不足している。もう1つの注目は組込み系だ。家電製品や携帯電話、自動車などに搭載される組込み技術は世界最高水準で日本独自のものが多く、技術の難易度も高い。人材は少なく、ニーズも高まっているため、これらのスキルを身につければ、技術一 本で年収1000万円は、決して遠い道ではないといえるのだ。

▲ページのトップへ