“ITオタク・口ベタ”よ、さようなら!次世代SEは「○○上手」

“売り手市場”と化したIT業界にあって、プロマネ不足は深刻になっている。しかし一方で、キャリア意識がありながらも「コミュニケーション下手」なことで、なかなか飛躍できないでいる若手SE・PGの数は多い。そこで、プロマネを本気で目指してもらうべく、“説得的コミュニケーション”のプロである心理学者の内藤誼人氏が、キャリアアップに必要な5つの「○○上手」を伝授する!

第1回 「ホメ上手」

スキルあってのSEとはいえ、上司や部下、取引先から好かれることで、ビジネスシーンにおける有利な立場を獲得することができる。そして、その人から好かれる手っ取り早い方法が、「ホメ上手」になることだ。

ただ、正しいホメ方を分かっていないと、効果がないばかりか、相手に不快な思いをさせることにもなりかねない。そのあたりを十分に注意しながら、“ホメテク”を学んでいこう。

過剰なホメ言葉ほど心に響くもの

内藤誼人
◆ Plofile ◆

心理学者
内藤誼人
(ないとう・よしひと)

(有)アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。説得的コミュニケーションをはじめとする社会心理学と、精神分析をはじめとする臨床心理学の両方を得意とする。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人生相談は「不幸な人」にしよう』(ソフトバンク新書)がある。座右の銘は、「人生万事塞翁が馬」

上司に取り入る、同僚に好かれる、部下の信頼を勝ち取るなど、相手からポジティブな感情を引き出すのに最も効果的なのが「ホメる」ことです。ホメられて気持ちの良くない人はいません。人は、ホメられることで相手に好意的な感情を持つものなのです。

また、人をホメるときは「過剰」にやらなければ効果はありません。中途半端に「いやースゴイですね」などと言うのは、かえって良くない。平凡なホメ言葉は、お世辞と受け取られかねないからです。だから、「そんなわけないだろ」と思うくらいの過剰なホメ言葉の方が効き目があります。

例えば部下に対してなら、「お前の仕事のスピードはオリンピック級だな!」といった具合です。実際、たいしてホメるところがない人もいるとは思いますが、こういう場合には、「お前の潜在能力の高さはオレの比じゃない」というふうに、まだ見ぬその人の未来をホメてあげればいいのです。

ただ、何か特定のことで皆からさんざんホメられているような人は、今更そのことをホメられても喜んではくれません。例えば、明らかにお金を持っている人に「お金持ちですね」と言っても響かないでしょう。目新しさや、皆とは違う観点があってこそ、ホメ言葉は相手の心に刺さるのです。

ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ