“ITオタク・口ベタ”よ、さようなら!次世代SEは「○○上手」

“売り手市場”と化したIT業界にあって、プロマネ不足は深刻になっている。しかし一方では、キャリア意識がありながらも「コミュニケーション下手」なことで、なかなか飛躍できないでいる若手SE・PGの数は多い。そこで、プロマネを本気で目指してもらうべく、“説得的コミュニケーション”のプロである心理学者の内藤誼人氏が、キャリアアップに必要な5つの「○○上手」を伝授する!

第2回 「自己アピール上手」

日本のビジネスマン社会でも、ひかえめであることを美徳とする時代は終わり、 レギュラーを目指すスポーツ選手が監督に対してするように、「自己アピール」が求められるようになってきた。

しかし、エンジニアの中には、この自己アピールが苦手な人が少なくない。その原因は、“数理的”なエンジニアの思考方法にあると内藤氏は指摘する。

「即答」が自己アピールにつながる

内藤誼人
◆ Plofile ◆

心理学者
内藤誼人(ないとう・よしひと)

(有)アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。説得的コミュニケーションをはじめとする社会心理学と、精神分析をはじめとする臨床心理学の両方を得意とする。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人生相談は「不幸な人」にしよう』(ソフトバンク新書)がある。座右の銘は、「人生万事塞翁が馬」

まず、エンジニアのように“数理的”な思考をとる人は、本質的に「自己アピール」が苦手な場合が多いです。

つまりSEのような仕事では、上司から「君は○○ができるか?」と言われても、まず「本当にできるかどうか」を分析してしまうがゆえに、「できます」と即答できない。「ハイ、できますよ」と答えられれば、自己アピールにつながるのですが、いろいろなリスクを考えたり分析を加えれば加えるほど、物事を断言できなくなるのです。

心理学的には、答えるスピードが早いだけで、相手に「優秀な人」というイメージを持たせることができます。逆に、答えるスピードが遅かったり、シドロモドロだったり、「数日考えさせてください」と回答を引き延ばしたりすると、相手には「頭が良くない」「自信がない」「優柔不断」など、ネガティブな印象を与えてしまうことになります。

また、口頭だけでなく、メールの返信にも気をつけなければいけません。メールを送ってから返事が返ってくるまでに何日もかかったりすると、それだけで、「仕事が遅い」「いい加減な人間」という悪い印象を持たれてしまいます。いくら口頭でハイハイ言っていても、メールの返信が遅ければ、「口先だけの人間」に見られてしまうでしょう。

ですから、メールの返信はできれば当日中、遅くとも翌日にはするべきです。レスポンスが早いだけで、「仕事ができる」「頼りになる」というイメージを醸し出すことができ、自己アピールにつながるのです。

ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ