海外ではたらく!ミニ世界情勢

上海一派手な婚礼は、農民一生分の収入を超す

先日上海金茂ビルで、"百万婚礼"が催された。婚姻慶祝設計会社の責任者曰く、百万婚礼は一種の総称、実際の消費額は100万に留まらない。100万元―。中国数億人の農民達には、一生働いても得難い額であろう。

【用語説明】

ライターコメント

上海の中心地では、ウェディングドレスのレンタルや販売、結婚写真の撮影やらと、ゴージャスなお店が街を賑わしている。大都市では結婚式にお金をかける中国人達が特に多く、結婚式等に関係するビジネスはここ数年オイシイようである。

上述の記事"百万婚礼"、100万元といえば、日本円で約14,000,000円(※1人民元=約14円の場合)と、かなりの額だ。結婚にかける費用はカップルやその家族の経済背景により、まちまちだが、どの階級にしても、結婚式は面子もかけた一大イベント。自分達の出せる範囲で、相当な額をかける点では、何ら変わりは無い。

でも、農民が一生かかっても稼ぎきれない程の額を出して、挙式を行う人も出てきた現在、桁外れにリッチな生活をする一握りの人々の行動が明るみに出れば出るほど、大都市と農村部との生活レベルの差は浮き彫りになる。
農民不足が深刻な問題になっている中国。とはいえ、今よりもっと良い暮らしをしたいと望むのは農民も同じ。大都市でいい生活をする自分を夢見て、故郷を離れ、農業を捨て、大都市へ出稼ぎに来る農民達気持ちが分からなくもないと妙に感じてしまった、今日この頃である。

Writer Profile

Rie Fukai

(株)アワーズ取締役・上海支社代表。翻訳、中国での企業設立代行業や(ファッション等)ショー&モデルコーディネート、中国企業調査等を手がける。フリーでは女性誌を中心に取材・撮影コーディネーター兼ライターと、企業とフリーランスの2足の草鞋で生活を満喫中。海外書き人クラブ・メンバー。中国在住、計8年目。

海外の求人情報へ

▲ページのトップへ