年俸交渉は「感情のしこり」が残らないように

転職時点での年収にあまり固執すると、「金に細かい奴だな」という悪い印象を持たれてしまうリスクもある。とはいえ、わだかまりを持って入社するのは会社にとってもマイナス。後になって「やっぱりあの時言っておけば良かった」と思うくらいなら、あらかじめ相談しておいたほうがいいよね。前にも言ったように、自分が譲れないラインや言わなかったら悔いが残るようなことは、絶対に言わなきゃだめなんですよ。

そこで、おのずとしゃべり方やアプローチの仕方が大切になってくるわけです。一言でいえば、「婉曲的」にやるしかない。例えば今の年収が700万円で、転職して800万円欲しいとしたら、「どういう働きをしたら800万円もらえるんですか」と問いかければいい。そして、「私のスキルレベルは、今お聞きしたものに近く、その目標を達成できると感じているのですが、いかが思われますか?」と、きちんと自分の実績を説明しながら聞いてみる。

こういう確認的な要望。要するに「800万円の仕事を自分はやっているんだから、800万円もらってもいいですよね?」という感じのアプローチであれば、お互い納得できるし、感情のしこりは残りません。

一番嫌われるのは、最初に「僕はお金はどうでもいいです。この会社で働きたいんです」と言っておきながら、内定が出た後に、「実は借金があるので、もうちょっと何とかなりませんか」というタイプ。会社としては、「そんなの最初から分かっていることじゃん!」ということになるよね、そりゃ、何としても入社したいからそういうこと言ったんだろうけど、そんな心構えで入社しても長続きしない。

それは当たり前だよね、生活できないわけだから。給与交渉する際には、入社してからも交渉相手といい関係でなくてはならないということを忘れないようにしないとね。

“クビキラー”流人材紹介会社の使い方

自分では言いにくいことを代わりに言ってもらうために、サーチ会社(人材紹介会社)を使う手もあります。サーチ会社は、高い年収で転職が決まればそれだけ高い報酬をもらえることになるわけだから、転職する人とはお互い「Win・Win」の関係といえる。

ただ、サーチ会社の人を使って年収が上がるかどうかはケースバイケースですね。1つ言えるのは、間に人を介すことによって、会社側と何かトラぶった時に、「私の真意は違います」と言い訳ができること。

「ヘッドハンターの○○さんが僕の真意を間違ってお伝えしたみたいですが、僕としては御社にご提案頂いた金額でOKです。ただ、子供が生まれるので、もう少し広い部屋を借りられれば……と言ったのを、ヘッドハンターの○○さんが気を利かせて御社に伝えてくれたんだと思います」とかね。

そうやって全部サーチ会社に“責任転嫁”して、うまく年収アップを勝ち取れたら儲けものでしょ(笑)。プロのヘッドハンターというのは、企業と転職者双方の利益を考えて行動しているはずだから、こういう信頼できるヘッドハンターに巡り合うというのは大事だよね。もし巡り合えたら、その人にはトコトン給与交渉を任せていいと思います。

給与交渉 梅森浩一の格言

  • 源泉徴収票は、昨年の金額なので注意
  • 給与交渉は婉曲的に感情のしこりを残さない
  • 人材紹介やヘッドハンターを上手に利用
アップダウンサイジング・ジャパン
代表 梅森浩一

日系企業と外資系企業2社を経て、35歳でケミカルバンク東京支店の人事部長に就任。以後、2社の外資系金融機関の人事部長を歴任。現在は「アップダウンサイジング・ジャパン」(URL:www.updownsizing.com) を主宰し、企業コンサルティング、講演活動などを行う。著書多数。最新刊に、『はぐらかしの技術』(日本経済新聞社)と『「採用したい!」と言わせる技術』(大和書房)がある

▲ページのトップへ