カンタン作成で書類通過率アップ!

人事の目に留まる職務経歴書 43サンプル

経営・企画・事務
営業事務
経理
人事・労務・採用・教育
法務
マーケティング・プロモーション
経営企画
クリエイティブ
グラフィックデザイナー
WEBデザイナー
WEBプロデューサー・ディレクター
編集・進行管理
モバイルプロデューサー・ディレクター
営業
営業・セールス(法人向け営業)
営業・セールス(個人向け営業)
管理職(営業)
営業(第二新卒)
MR
ソフトウェア・ネットワーク
ネットワーク設計・構築
SE(オープン・Web系)
プログラマー
プロジェクトマネージャー
ITコンサルタント
プリセールス
電気・電子・機械・メカトロ
FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)
サービスエンジニア
機械設計開発
販売・サービス
スーパーバイザー
店舗開発・マーチャンダイザー
建築・土木・不動産
建築設計
建築施工管理
土木施工管理
土木設計、調査
不動産管理・営業
コンサルティング・金融
経営・戦略コンサルタント
会計コンサルタント
人事コンサルタント
金融法人営業
金融個人向け営業
化学・素材・医薬・食品
CRA(治験モニター)
CRC(治験コーディネーター)
研究開発
医療・福祉・介護
看護師
薬剤師
英文
ITエンジニア

英文の職務経歴書の書き方

ITエンジニアサンプルを見る
英文での職務経歴書作成の場合、一般的には、1.略歴(Summary of Qualifications) 2.Computer Skill 3.Work Experience 4.Educationの流れで組み立てます。Personal Dataはレターヘッドのような体裁で記載する事が多いです。システムエンジニアの英文レジュメでは、和文の職務経歴書以上に「ITスキル」が注目される傾向がありますので、1.OS 2.Language & Tools 3.Network 4.Databaseを1ページ目に明確に記述する必要があります。和文レジュメと比較すると、担当したプロジェクトの内容を詳細に説明するよりも、自分自身の技術的な強み、実績を打ち出す傾向があります。

▲英文の職務経歴書 トップへ

▲ページのトップへ