手軽さ、便利さゆえにビジネスツールとして欠かせなくなった「メール」。だが、メールを生かしきれている営業マンは意外と少ないだろう。日本で唯一のメルマガコンサルタント・平野友朗氏が実例を挙げながらメール活用術を伝授する!

第1回 メールで、仕事の成果はどう変わってくるか

メールで顧客満足度を上げる

あなたの仕事が劇的に変わるメール術

■オススメ著書
『あなたの仕事が劇的に変わるメール術』(ビジネス社) 会社では教えてくれないビジネスメールの書き方をモノにしてライバルに差をつけよう

 4通目のフォローメールで、初めて新しい商品やサービスの提案を行います。以前、下記のようなメールを送ったことがあります。

「このたびはビデオをお買い上げいただき、ありがとうございました。ビデオをご覧いただいてわからない部分がございましたら、『個別コンサルティング』というメニューも用意しております。また、メルマガを出してもホームページがなくては仕事につながりません。ホームページの制作も当社で行っておりますので、ご相談ください」

 すると、面白いようにホームページ制作の注文が入りました。3通のフォローメールで築いた信頼関係によって、お客様は4通目のメールでの提案にも反応しやすくなっていたのだと思います。

 営業にはストレスがつきものです。それは売る側も売られる側も同様。しかし、「相手の求めていそうなことを提案する」という意識で営業を行えば、ストレスは大分減るでしょう。私がフォローメールで伝えていることはあくまで「提案」。買うか買わないかの選択はお客様に委ねられています。ですから、お客様もストレスを感じていないはずです。それどころか、自分で考え、納得した上で購入すれば、満足度は高まるのではないでしょうか。それが、次の購買へとつながっていくものなのです。


ココで差がつくメール力

ソーシャルブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをdel.icio.usに追加

▲ページのトップへ