スカウト「超」活用術

敷居が低くなったスカウト、見るべきところは変わらない

回復景気と呼応するように、多くの企業が人材不足に悩む中、以前はエグゼクティブ層をメインとしていた人材スカウトのターゲットも変わってきた。第二新卒や未経験者にもかかわらず、スカウト転職を成功させる人が増えてきているのだ。面接保障など、自力での転職よりも圧倒的にキャリアアップの可能性が広がるスカウトの現状と心構えを佐藤氏が語る

若手ビジネスマンもスカウトの対象に

「20代から30歳前後の指名スカウト案件を、最近結構受けるようになりましたね」

そう話すのは、やり手のヘッドハンターとしてその名を知られる佐藤文男氏。人材サーチ、人材スカウト、ヘッドハンティング、エグゼクティブサーチ――、最近こうした言葉が、転職を考える20代、30代前半の若手の間で普通に使われるようになってきた。「スカウト」型の転職が、40代、50代の限られたエグゼクティブだけのものだったのは、すでに過去の話だ。

「エンジニアの世界でいうと、あるエリアで狭く深く掘り下げたスキルを持っている人というのはそんなに多くはないんですよ。そういう人は、たとえ30歳前後の若手であっても、企業から『この人が欲しい』と、指名スカウトが入ります。最近も、『こんな上場企業がスカウトなんてやるのか』という保守的なイメージの強い一部上場企業から指名スカウトの依頼がありましたよ」

技術の高度化に伴い、エンジニアの仕事は細分化しつつある。「あるエリアで専門性の高い人、あるいは、それほど高度なスキルはなくても、狭いエリアを専門にやってきた人、要するに該当する人が人材市場において少ないケースでは、声がかかってくる」と佐藤氏は解説する。

「ポイントは、他社に売れるような専門性や実績があるかどうかです。最近は、同業他社から『彼は優秀そうなので引っ張りたい』とか、『あの人が欲しい』というピンポイントの指名スカウトも珍しくないですね。ついこの間も、30歳前後の指名スカウトが数件ありました」

もともと、ハイキャリア層のヘッドハント経験が長い佐藤氏。だが、スカウトの状況は変わりつつあるというのが実感だ。

「私のところに依頼がくるスカウトは、今のところ30代半ばから上の方が多いのですが、今後のターゲットは20代後半あたりまで下がってくる可能性があると見ています。ITの分野などでは、逆に20代の方が即戦力としてのレベルが高いということもあります。確かに、30代と比べたらキャリアとして浅いということは否めませんが、何か1つ外でも通用するというものを持っている人なら、スカウト転職のチャンスはありますよ」

Profile

日商岩井、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券(現在日興シティ・グループ証券)、ブリヂストンなどで人事およびマーケティングを中心にキャリアを積み、人材ビジネスへ。1997年、東京エグゼクティブ・サーチ入社。人材サーチコンサルティングを行うと同時に、後進の育成に力を入れる。2003年退職。同年、佐藤人材・サーチ株式会社を設立。『あなたの「本当の実力」を会社に気づかせる方法』(共著/PHP研究所)、『転職のバイブル』(経済界)、『40歳からの転職術』(日経BP社)など、転職やキャリアに関する著書多数

ホームページ:http://www.sato-jinzai.com

20代で転職2回はイエローカード?

もっとも、佐藤氏は、決して安易な転職を勧めているわけではない。

「これだけは言っておきたいのが、若くしてスカウトを受けようと思うのであれば、最低3年から5年は1つの会社でキャリアを積む必要があるということです。20代は転職回数1回まで、2回になると私に言わせれば“イエローカード”ですね。たとえ、納得できない部署に配属されたとしても、20代のうちはその部署でキャリアを積むことを優先すべきです」

もちろん、転職には確たる「正解」があるわけではない。場合によっては、半年で会社を辞めて次の会社に移るという選択肢もありえる。佐藤氏は、このような転職があることを理解しつつ、「次の会社には5年から10年在籍する覚悟でやる必要がある」と強調する。

「たとえば20代のうちに3回も4回も転職してしまうと、本人の経歴に傷がついてしまいます。人事や経営者がその人の経歴を見て、『ウチに来ても、またすぐに辞めてしまうのではないか』と思ってしまうのは止むをえないところです」

▲転職スカウト超活用術TOPへ

▲ページのトップへ