スカウト「超」活用術

コンサルティング・金融関連
コンサルティング・金融関連

未経験採用を行うも、求められる高度なスキル

コンサルティングは総じて高度なスキルが求められる職種だ。経験者が好まれる傾向にあり、まったくの未経験転職は難しい。事業会社の経営企画や経理・財務に携わっている人であれば、経営数字という意味での素地ができているので、若手であれば転職成功の可能性は高いといえる。
 一方、金融業界では、大手銀行でも未経験採用を行っているのが、今までにはなかった動きだ。ただ、現在はリテール営業やホールセールなどの営業職求人は多いが、第二新卒の採用まだまだ続く。加えて、シンジゲートローンやストラクチャード・ファイナンスなどを扱えるスペシャリスト職が引く手あまたとなっている。総合職であれば、未経験採用も行っているのでそこからキャリアをスタートさせてみるのも手だろう。

【花形職種】ITコンサルタント、戦略コンサルタント、インベスター

コンサルタント職を目指す場合、今までにどういった提案を行ってきたかを記入しましょう。また、その結果どのような効果が表れたのかも重要になります。金融機関の場合、未経験の方はたいてい、総合職での応募になります。その場合もできるだけ、数字で見せられるものは数字で見せたほうが説得力が出ていいですよ。

経営・企画・事務関連
経営・企画・事務関連

必要なのは企業をドライブしていく能力

企業のボードメンバーに名を連ねるケースもあるだけに、未経験者や第2新卒などの転職は、スタッフレベルでの求職がない限り難しい。職務としては経営に近い場合が多く、企業が求めるニーズと転職希望者とのミスマッチが多い職種である。それだけに、通常の採用活動だけではなく、ヘッドハントによるピンポイント採用も盛んに行われているのが現状だ。
 異業種からの転職を考えた場合、経営や事務など経理・財務関係の人材は、業務改善を含む売上やコスト、またはIPOなど、企業の数字周りに関わってきた人であれば、転職成功の可能性は高くなる。事業企画系の人材は、経営コンサルタントや戦略コンサルタントなど、事業やプロジェクトを立ち上げてきた人なら、存分に力を発揮できるだろう。

【花形職種】CEO、CFO、COO

この分野へのキャリアアップを考えるならば、会計士の資格は非常に強い武器になると思います。企業の上層部を担うとなると、企業の成長が命題となるために、スピード力が求められるうえ、人柄も重要視されます。例え小さなことでもいかに工夫して、その結果どうなったかをアピールすることが、転職成功のポイントです。

建築・土木・不動産関連
建築・土木・不動産関連

住宅・リフォームが今後の成長株、主要業界の需要継続

求人ニーズは増えていて、売り手市場。不動産業界ではBtoB、BtoCを問わず、アセットマネジャーやプロパティマネジメントを行える人など、仲介および管理系職種の需要が高い。建築・土木業界でも施工管理や現場監督など、管理業務ができる人であれば、自分を高く売り込むチャンスだ。
 また、各業界ともに営業系や作業系のニーズが強く、未経験者や異業種からの転職も幅広く受け入れるのが特徴。30代前半までであれば、転職できる可能性は高い。
 もちろん経験者であれば、より企業からのウケは良くなり、30代半ばでもキャリアアップできる可能性が十分にある。中でも注目は住宅業界。マンションや戸建ての建設ラッシュに、売り手が足りない状況が続いている。

【花形職種】アセットマネジャー、現場監督

第2新卒であれば、未経験でも転職の確率は高いですよ。ただ、たとえば、営業職の人ならその成績を具体的に記載するのはもちろんのこと、「1回会ってみたい」と思わせるキャリアシートを作りましょう。特に20代の若手の場合は何を経験してきたかが重要。キラリと光る内容や個性は喜ばれることが多いですね。

松本安永 プロフィール
アビリティデザイン株式会社
シニアコンサルタント
松本安永氏

銀行に勤めていた経験を生かし、金融業界を中心にコンサルティング業界、不動産業界の転職に絶対的な自信を持つコンサルタント。人材紹介会社特有の“求人の決め込み”をしないことがモットー。相談にくる転職希望者の立場に立ったキャリアアドバイスや転職サポートには定評がある

▲転職スカウト超活用術TOPへ

▲ページのトップへ