最新の記事へ
バックナンバーへ

転職して希望の待遇条件を獲得するには

レベル2

一生続けられる会社に勤めたいと思っていながら、2年間ですでに2回転職し今も転職を考えています。ですが待遇、給与面で転職して状況はよくなってはいなかったですし、自分の行動が正しいのかもわかりません。

仕事をやめたい、会社を変えたいという気持ちをどうやって踏み止めるべきでしょうか?今の会社が副業可能なら掛け持ちで働きたかったのですが、経営状態が不安なため退職を決意したものの、新しい転職先でうまくやっていけるか心配です。

(ちーかま 男性・29)
深刻度
レベル2

仏教に輪廻転生という考え方があります。人が生まれて死ぬと、また生まれ変わるという考え方です。この生と死のサイクルはいつまで続くかというと、悟りを開いて成仏するまでだそうで、成仏して極楽に行けなければ、また人間に生まれ変わったり、修行が足りなければ動物や虫に生まれ変わることもあります。そうやって生まれ変わりながら、成仏できるまで魂の修行を行うわけですね。ちーかまさんの場合、「転職の輪廻転生」をやっているみたいです。

せっかく転職しても、また同じステージに戻って来ていて、生まれ変わったことが活かされていないようですね。どんな業界でも言える事ですが、その業界ごとに必要な修行のポイントというものがあります。業界の中で成仏するためには、その修行のポイントをおさえて日々鍛錬しないといけません。修行が足りないと、どこに行っても一からやり直しになってしまいます。

仕事で大切なのは、自分自身の修行、自分自身の成長をもたらすことであり、待遇面はそれに伴い後から付いてくるものです。一生続けられる会社にめぐり逢うためには、まずは自分がその求められるステージまで成長していないといけないですね。仏教で言うと徳を積んでいること。キャリアで言うと、スキル・能力が身に付いていることが必要です。

同じ仏教でも宗派が違うと教えが少し異なるように、業種・職種によって、必要なスキルは異なります。自分が目指すキャリアに必要なスキル・能力は何なのか、もう一度修行のポイントを確認してみる必要はありますね。その上で、まずはスキル・能力アップに注力してみましょう。

目標を待遇改善ではなく、まずは自分のスキル・能力アップに方向転換すると、会社に対する考え方が随分と変わると思います。本当に行きたい会社に行くために、今の会社でやれること、やっておくべきことはありませんか?もしあれば、今はそれに全力を注いでみてはどうでしょう?自分が成長してからの転職活動では、今までとは違いより多くの自分が入社したいと思う会社とめぐり逢うことができるはずです。

どういうスキルを身につければ良いのか分からないときは、業界の資格などを参考にしてもいいですし、信頼できる人にアドバイスを求めても良いでしょう。キャリアカウンセラーへの相談も最近では一般的になってきましたね。いずれにせよ、会社を変えることよりまず、自分が変わること・成長することが第一歩ですので、すこし腰を据えて四苦八苦してみてはどうでしょう。

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ