最新の記事へ
バックナンバーへ

手に職をつけ異業種へ転職したい

レベル2

現在30歳です。現在営業の仕事をしていますが(6年目)、会社の経営が悪くなってきたので転職を考えています。自分自身やってみたいというのもありますし、この先、手に職をつけたいという思いからIT関連でプログラマーなど技術職への転職を考えています。

IT業界・技術職に関しての知識・経験もないため学校に通おうと思っていますが、何かいいアドバイスがあれば、ぜひ教えてください。

(うわずみ 男性・30)
深刻度
レベル2

たまに雑誌で、サッカー選手と女優とか、料理人とお笑いタレントなど、違う分野の一流同士の対談の企画があります。どんな話をするのかと興味深く読んでみると、これがなんともうまく話がかみ合っています。相手への質問が的を射ているというか、その分野での経験がなくても、ツボを突いた質問が出てきます。一つのことで一流になった人は、他の分野のことでもすぐに分かってしまうようで、そこには分野を超えた、普遍的な極意のようなものがあるようです。

しかし一流とまではいかなくても、社会に出て何年すると同じような体験をすることがあります。他業種の人とたまたま会う機会があって話をしていると、相手の仕事がなんとなく理解できる。新入社員の頃に学生時代の友人と話したときには、ありえなかったことです。自分の仕事に置き換えると、この事なんだな、という感覚がつかめてくるからなんでしょうね。一般的に通じる仕事の極意があるわけです。

さて、ご相談の件ですが、たまたま私自信は最初からIT関係の仕事をしているので、他業種から転職してきた体験がありません。ただ、他業種から転職してきて活躍している人は身近にもいます。前の企業でそれなりに力を付けてから転職されてきた人は、やはり自信に満ち溢れています。どんな仕事でもやってみせるという自信です。最初は何度も質問しながら、夜遅くまで本を調べながらですが、徐々にIT業界に精通していって、転職してきた人とは思えないまでになりました。しかも成長のスピードは速い。

このような転職組の方と、新入社員の仕事の覚え方を見ていると明らかに違いがあります。新入社員の場合は、小さな仕事を少しずつ覚えて行って、徐々に全体を理解するという順序ですが、転職して来た人の場合、最初に仕事の大きな流れを理解してそれから細かな仕事を一つずつ覚えていくという順序です。

仕事の大きな流れは前職で身につけていますので、新しい業種ではその流れの中でどこが違うか、という観点で仕事を覚えていけば非常にスムーズに仕事を身につけることが出来ます。普遍的な仕事の極意はどの業界でも活きているのです。

ですので、まったく新しい分野の仕事にチャレンジする場合でも、今の仕事をきっちりと身に付けて、仕事の流れを頭に入れておくことが大切だと思います。新卒に比べた転職の強みは、社会人としての常識を持っていること。そして、仕事のプロセスを理解していることです。その知識を応用して、他業種にも活かしてください。

IT業界の場合、必要なITの知識は働く現場によってある程度限られます。ITのすべてを理解していなくても仕事はできますので、心配しないでください。また、実際の仕事では一人で作業している時間だけでなく、メンバーと相談したり打ち合わせしたりている時間もかなり長いのです。もちろん、IT業界に限ったことではありません。今まで身につけた社会人としてのコミュニケーション能力が役に立つはずです。臆する事なく、新しい仕事にチャレンジしてください。

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ