最新の記事へ
バックナンバーへ

前職で休職していたことを言っていないのですが

レベル2

最近転職活動をして内定をもらいました。これだけならいい話で終わるんですが、実は今、休職中なんです。今の会社は仕事がきついのと人間関係で体調を壊してしまいました。内定はもらったものの、転職活動中に自分が休職していることを最後まで言う機会がなくて、これでよかったのか心配しています。

後からなにか問題にならないでしょうか?バレてクビになるくらいなら、今は辞退して次の転職先を探したほうが懸命とも思います。

(うどんとそばさん 男性・28)
深刻度
レベル2

知り合いの話ですが、父の日のプレゼントに、ビールを飲むための素焼きのグラスをお父さんにあげたんだそうです。仕事が忙しかったので、たまたま出先のそばにあったホームセンターで買ったとのこと。一応プレゼント包装をしてそれらしくしてありますが、グラスは5つで1,000円程度のもの。

ところが、ある日その人のお母さんが言った言葉に驚きました。 「あのグラス高いんだってねぇ、有名な焼き物なんでしょ?」 何のことがさっぱり分からずに聞いてみると、お父さんが勝手に高いグラスだと思い込んでしまって、いろんな人に言いふらしていたのだそうです。

勘違いしている、どうしよう。ちゃんと言わないと。その人は思ったのですが、お母さんがくれたアドバイスは違いました。 「いい風に勘違いしてるんだからいいじゃない、そのままにしておいてあげたら?」 なるほど、年の功ですね。

さて、ご相談の内容ですが、これも明確に聞かれない限り言う必要はないと思います。 会社は“今の”あなたと契約を結ぼうとしているんですよね? 過去のあなたを雇おうとしているのではありません。

内定をもらっているということは、その会社での勤務に必要な条件は今のあなたは満たしているはずです。健康診断の結果を提出するにしても、今の元気な時の結果を出せばいい訳ですし、過去にとらわれる必要はないでしょう。

ウソをついているわけではないですし、採用の条件を満たしているのであれば、あえて相手に心配をかけることはありません。

高所恐怖症を隠してとび職になったり、動物アレルギーを隠してペットショップに就職するのは現実的に問題がありそうですが、今回の場合は次の仕事にさほど影響はないですよね?

もし、業務上影響のあることを隠しているのであれば、契約の際の報告義務を怠っていると思われますが、今回の場合はどう思われますか? 判断基準はそこにあるでしょう。

ちなみに、結婚相手が整形を隠していたことが婚姻を結んだ後に発覚しても、そのことが一般的には離婚と慰謝料請求の理由にはならないそうです。例外的に、きれいな顔の子供を作らないといけない世襲の歌舞伎役者などは離婚の理由になるとか。

せっかく新しい道が開けたのだから、昔のことで心配せず、のびのびと働いてください。新しい会社にとっても、元気に活躍することが一番ですからね。

グラスをプレゼントされたお父さんは、少し前に他界されたそうですが、最後までそのグラスが高級品だと思っていたそうです。幸せな一生が過ごせたのではないでしょうか。

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ