最新の記事へ
バックナンバーへ

会社がなかなか退社させてくれません

レベル2

半年ほど前から体調を崩し、退職のお願いをしましたが、承諾していただけません。承諾していただけない上に、その上の上司にお話さえしていただけない状況です。これから先体調のことを考えると退職を強く希望しているのですが、直属の上司の承諾がなければ退職は不可能なのでしょうか。

(マメタロウ 女性・23)
深刻度
レベル2

以前、マンションの水周りのトラブルがありました。管理している不動産屋に連絡したのですが、何日しても業者さんがこない。数日してまた連絡したけど、それでも何の反応もない。結局、最後は自分で大家さんに連絡して、業者さんを呼んでもらいました。忙しいのかなにか分かりませんが、待っていても不動産屋は動く気がなかったようですから、自分で動くしかありませんでした。

「自分で動かなければ何も起こらない」というのはどんな事にでも当てはまります。「ここまでしたのだから、この先は進めてもらえて当然だ」とマメタロウさんが思われるのも間違っているとは思いませんが、マメタロウさんの意思が確実に伝わっていないのが受け取れます。これは上司の方の受け取り方だけが問題なのではなく、マメタロウさんの伝え方にも何か原因があるのではないでしょうか?

上司の方が何らかの理由で話を進めていない場合、一つの理由としては、マメタロウさんの気持ちが一過性のもので、じきに思い直すだろうと上司の方に感じ取られていることも考えられます。また上司の方が自分の管理責任を問われるのを恐れ、うやむやにしているのかもしれません。もしそうだとして、マメタロウさんが本気で退職を考えられていらっしゃるようでしたら、悔しくはありませんか?

しかし、問題なのはそこです。マメタロウさんの気持ちがどこまで本気なのか、正直なところ疑問に思う点はあります。本気で会社を辞めたいのであれば、直属の上司に言って承諾を得られないぐらいであきらめないように思いますし、普段から接点がなくてもその上の上司に自分から話をすることもできるでしょうし、退職届を提出してしまうこともできるように思います。

法的に言うと、民法の規定上は2週間前までに退職を申し出ていれば会社を辞めることは可能とされていますが、引継ぎなどもありますから会社の就業規則を把握し、対応するようにしてください。それまでに担当している仕事内容にもよりますが、大体において1カ月前までとしている会社が多いようです。マメタロウさんも一度確認してみてください。

退職届けを提出すれば、定められた期間以上は本当は会社としては引き止めることはできませんし、受理を拒むことはできません。多少の期間の延長は双方の歩み寄り次第ですが、一方的に退職を承諾しないというのは、不適切な対応です。

まずは「自分から動く」ことを心がけ、解決の糸口を探ってみてはいかがでしょうか?このように相談をご自身で送ってこられたのですから、次は是非、社内で動いてみて下さい。

自分という資産は動いてこそ初めて価値が出てくる、のではないでしょうか?

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ