最新の記事へ
バックナンバーへ

取りたい資格・行きたい会社の絞込みは?

レベル3

資格と転職についての相談です。 経営コンサルタント会社、ファンド会社、格付会社、証券会社(アナリスト)、監査法人等への就職を希望しております(可能ならば外資を希望しています)。一昨年から公認会計士の資格を目指して勉強しておりますが、妊娠した為、ここ5ヶ月ほど勉強をしていません。

前職は簿記1級取得を活かし、ソフトウェア会社で3年ほど経理をしていましたが、今年6月の出産予定以降は仕事に復帰したいと思っており、育児と共に資格取得を考えております。

現在、公認会計士、USCPA、証券アナリスト、税理士の中からどの資格に絞るかを検討中です。ご回答いただけるようよろしくお願いいたします。

(sato 女性・30)
深刻度
レベル2

以前、会社のビルで停電がありました。パソコンが仕事の大半を占めていると、停電が起こった瞬間に何もできなくなります。あいにく次の日にお客様に説明する資料を作成するために、インターネットを使って調査している最中でした。

あわてた私は一緒に仕事をしていた先輩に、「インターネット・カフェに行って仕事の続きをしてきましょうか?」と提案しましたが、「そんなに焦っても無駄だよ。お客さんの立場に立って、一番何をするべきかを考えないと」と私を落ち着かせてくれました。

そうなんですよね。調査の部分は資料の肉付けの部分であって、骨格さえ出来ていれば、必ずしも必要な資料ではなかったのです。それでちょっと落ち着きました。

satoさんの場合は、妊娠をしたことで何も出来なくなり、その焦りがあるように読み取れるのですがどうでしょうか? その焦りから今出来ることは「資格取得しかない」と決め付けて行動しそうになっていませんか? でも本当に必要なことは、satoさんがこれから本当にしたい仕事は何かをまずは突き詰めることだと思うのです。

「経営コンサルタント会社、ファンド会社、格付会社、証券会社(アナリスト)、監査法人等への就職、そして公認会計士、USCPA、証券アナリスト、税理士の中で資格取得」とありますが、これってちょっとターゲットが広すぎませんか? これらの会社で「何がしたいのか?」は明確になっていますか?

satoさんの場合、簿記1級を持っていたことで経理の仕事をすることが出来たという成功体験があって、それが資格重視の考え方を生んでいるのかもしれませんが、お考えの職種の場合、資格を持っているだけで業務を遂行できるものではないですし、逆に資格を取るためにある程度の実務経験や社会経験が問われるものでもありますから、とりあえず資格取得と考えるのは少し近視眼的だと思います。

妻を見ていて分かるのですが、出産と子育ての期間は大変です。子供はいつ泣き出すか分かりませんし病気にもなりやすい。自分の都合の良いように時間管理はしにくいもの。

でも、決して無駄な時間ではないですし、自分がどうありたいのかをじっくりと考えられる良い機会だと思います。それで結論が出てから、資格の勉強をしても遅くはないと思いますし、逆にそのほうが無駄な時間を使わないで済むと思います。

ちなみに、その時の停電は3時間ほど続きましたが、その間にもう一度クライアントの求めている答えを考えてみたら、それまでまとめようとしていた内容が少しずれていることに気が付きました。

そこに気づいたおかげで、次の日の打ち合わせはとても順調に進めることが出来ました。資料なんて、ほとんど用意できませんでしたけどね。

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ