最新の記事へ
バックナンバーへ

キャリアも無いのに転職を複数回しても問題は無いか?

レベル2

初めて相談させて頂きます。就職活動をして就職をしたのですが、会社の内情がひどく、1年で前職を辞めてしまいました。

紹介会社に紹介を受けて、現在全くの異業種で就業中なのですが、あまりにも体力勝負の仕事で長く続きそうにないため、即次の仕事を探すべきなのか、それとも我慢して続けるべきなのか悩んでおります。

社会人2年目にして1回の転職の経験もございますし、また転職するとなると、信用も勝ち取れず、就職することすら難しいと考えております。

そこで3点ほどご質問なのですが、

  • 合わない仕事はたとえ転職回数が増えても即辞めるべきか。
  • 辞めないで頑張るのならどれだけの期間続ければ良いのか。
  • 社会人2年目での3回目の転職は不可能か。

このまま今の仕事を続けていても、不幸な結果になる気がしてなりません。私は自分の過ちを認めず、会社のせいにしているだけなのでしょうか。

(ピーナッツ 男性・24)
深刻度
レベル2

私はビリヤードはそんなに上手じゃないのですが、友達にとても上手いやつがいます。 次から次へと玉をポケットに入れていく、そのリズムが良いんですよね。 私がやったら、1つの玉を入れるのが精一杯です。

どうやったらそんなに上手く行くのか?聞いてみたところ、 「次の球を入れやすい位置に手玉を持って行く」 のがコツだとか。今の玉を入れることを考えるだけでなく、跳ね返った手玉がその次に入れる玉をポケットに入れやすい位置に来るように考えているのです。こういう考え方は、人生においても応用できると思います。

さてピーナッツさんは、現職の悪条件から逃げることだけを考えていないでしょうか? 今の仕事を辞めたとしても、次の仕事が今よりも良い条件でなければ転職する意味はありませんよね?これって、ビリヤードで、今の玉をポケットに落とすことだけを考えているのと同じです。次のことを考えなければ、また難しい位置に玉がある状態には変わりないのです。不幸から逃げて、また不幸になってはどうしようもありません。

だから、実際の活動をするかどうかは別として、長期的な目標や次の転職先の検討は前もってしておくのが良いでしょうし、そのためには自分が本当に何をやりたいのかを考え直すところからでしょう。ちゃんと次の球も入れられそうだという算段が付いてから、手玉を突く、そうすることでいままで見えていなかっいた部分が見えてくるかもしれませんし、できなかったことができるようになるかもしれません。。

ただ、ご相談を読んだ限りでは本当に会社が悪いのか、ピーナッツさんにも何かしらの問題があるのかは判断がつきません。そこは、ピーナッツさんが振り返ってみて下さい。他の社員の方々のご意見なども参考にしてみて下さいね。

壁にぶつかっても、不幸を跳ね返して行きましょう!

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ