最新の記事へ
バックナンバーへ

キャリアアップ転職を目指し内定しましたが、本当に転職していいのか不安

レベル2

自分の興味がある分野に少しでも近い仕事がしたいのと、今の仕事にやりがいが持てないことを理由に転職を考えていますが、最近自分の目標に向かって転職したいのか、今の会社を辞めたいからなのか分からなくなってきております。今一社内定をもらっているのですが、このまま転職しても同じ事を繰り返す可能性がないか心配です。

(ash 女性・28)
深刻度
レベル1

マリッジブルーという言葉がありますね。これは、結婚が近づいた人が「自分はこの人と結婚して本当に良いのだろうか?」「自分には結婚なんてまだ早いんじゃないだろうか?」と不安になってきて、精神的に落ち込んでくることを言います。

原因としては、独身時代の自由が失われることに対する恐怖心、自分の未来が確定してしまうことに対する絶望感、相手の両親に代表される新しい環境に対する不安などがあります。

実は転職にも同じようなことがあります。

結婚の場合は、プロポーズまでが最も気持ちが高揚してノリノリですが、その後落ち着いてきた時に、一部の人はマリッジブルーになってしまいます。一方、転職の場合、活動を始めてから徐々に気持ちが高まっていき、内定をもらうまでがピークなのです。そこでちょっと浮かれた後、徐々に転職までの具体的な行動を思い浮かべるようになります。

様々な手続き、仕事の引継ぎ、取引先の人たちへの挨拶、今の職場の人との別れなどなど。具体的に考えていくうちに、失うものについ目を向けてしまいがちになります。そして一部の人は、「本当に転職して幸せになるのだろうか?」と悩んでしまうわけです。

人間は安定を好むものですので、失うことの不安は、得られることへの期待をしばしば上回ってしまうもの。 このような場合、転職するにしてもしないにしても、失うものと得られるものを整理してみるのが良いでしょう。

失うものとしては、今までの人脈、慣れた仕事環境、安定した収入、在職期間、現在の地位などがあります。得るものとしては、やりたい仕事、新しい収入、新しい出会いなどがありますね。そういったものを書き出していって、失うものと得られるものの収支を確認してみてください。

次に必要なのは、失うものを転職してもカバーできるかということです。

例えば、「今までの人脈」はインターネットが発達した時代ですから、メールなどを駆使して転職してからも失わずに済むかもしれません。定期的に飲みに誘うなどの活動も可能だと思います。それに新しい人脈が増えれば、言うことなしでしょう。仕事環境についても、転職先で今までの仕事を活かせるように相手先に掛け合えば良いでしょう。

在職期間は、転職すると途切れてしまいますが、経歴としてはある程度の期間で十分ですし、転職先で3年も働けば立派なキャリアになると思います。

このような整理で、自分の気持ちを確認することができるのではないでしょうか。不安の原因をハッキリさせて、自分の気持ちを整理してみてください。

最後にひとつ。ashさんの場合、無謀に転職するのではなく、転職を冷静になって考え直されています。こういった、自分自身を見つめ直す力がある限り、どんな所に行っても大丈夫だと思いますよ。

ターレス今井氏

回答者プロフィール

ターレス今井
CarriageWay Consulting代表。

1973年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科卒業後、某IT企業に入社。シリコンバレー絶頂期には、米国の技術を日本にいち早く導入するというミッションのもと、いくつかのプロダクトを日本に導入。また、方法論を伴った形での技術導入の必要性にも着目し、米国コンサルタントから学び、訳書も手がける。その後、独自プロダクトの開発にも力を入れ、マーケティング、プリセールス、プロジェクトマネジメントを一任される。
2002年にCarriageWayConsultingを設立し、ビジネススキルと仕事術に関する講演や執筆活動を中心に活躍中。2万部を越す読者を持つメールマガジンを日刊(1日2回)発行している。共著には「SEライフVOL.1〜SEが28歳までに身につける28の力(技術評論社)」メディア掲載には、「会社を辞めずに簡単に出来る週末起業」、「行列のできるメルマガ作成入門」、「THE21」、「早朝起業」、「仕事とパソコン」など。
・情報処理技術者:プロジェクトマネージャ、システム監査
・米国PMI認定 PMP

▲ページのトップへ