転職失敗談2
現場に出る社長
生涯現役を掲げ、気軽に現場に出ようとする創業社長。しかしその都度現場は大混乱に。そんな社長がこんどは中途採用を手掛けると言い出して……。(→後編はこちら
バックナンバー
社長同行キャンペーン
Mさんが社内エンジニアとして勤務する企業は、街工場から叩き上げの社長が今でも現場で指示を飛ばすというバリバリのオーナー企業。時代と共に、創業社長の知識や経験が、そのまま現場に活かされることはなくなっていましたが、本人のヤル気と現場好きだけは未だ衰えてはおらず、
 「営業でここぞという商談があったら呼んでくれ。トップが出ることでまとまる話ならいくらでも出て行くぞ。“社長”をうまく使うのも営業能力だぞ!」
 と若い社員たちにも声をかけ、「社長登場」という付加価値でもって、小さな案件も積極的にまとめあげようというエネルギッシュさを持っていました。
 ここまでなら営業にとっては非常にありがたい、元気なオーナー社長なのですが、問題はこの「社長登場」、本人が自分で思うほど効果をあげていないことなのです。
 社長の「商談に呼べ」発言を受けて、営業部内では「社長同行キャンペーン」がはられたのはいいのですが、いざ現場に出かけてみると、担当営業が進めて来た話とまったく違うものを勧めたり、勢いだけで大風呂敷を広げたり、挙げ句の果てに昔話をはじめたり(本人は和やかなトークのつもりらしい)と、「付加価値」に徹するどころか、昔取った杵柄を炸裂させて、商談をひっかきまわしてしまったのです。これには商談相手も懲りたのか、
 「今度はお宅の社長さん抜きでお願いしますよ」
 としっかり釘をさされることもあったほど。
社長、中途採用に乗り出す
そんなわけで、キャンペーンは尻すぼみに消えてゆき、後に残ったのはフラストレーションを募らせた社長ひとり。
 こんな折、Mさんの同僚で急な退職者が出たため、エンジニアの中途採用を実施することになりました。
 普段の中途採用はほぼ現場まかせで、最後の最後で挨拶の形で社長面接、というのが通常のパターン。しかしこの時期、社長の「現場熱」が最もヒートアップしていたことが災いして、
 「今度の採用には私も立ち合う」
 と言い出したからさあ大変。慌てた人事やMさんたちが、
 「技術的なことで些末な質問が多く、いちいち社長に決済していただくこともありませんし、今まで通り最後にジャッジしていただく方がいいと思いますが」
 「たしかに技術的なことはわからんが、採用は技術だけじゃないだろ!結局は人だよ、人!人を見る目は確かだ」
 と強引に押し切り、Mさんと共に書類選考から参加することになってしまったのです。

(→後編に続く)

pen2 現場好き社長が今度は人事部門に進出。進まない書類選考、面接を経て、社長の選んだ人物とは……?次回、後編へ続く。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ