転職失敗談2
ストレスのゆくえ
転職がきっかけで会わない上司に当たってしまった事務職Nさん。しかし転職したばかりで会社を辞めるわけにもいかず……。(→後編はこちら
バックナンバー
片付けられない上司
事務職Nさんはその会社に来るまでは身長160cm、体重は55kg程度の平均〜ややぽっちゃり型といった体型の女性でした。ところが25歳で転職を経験したことからまたたく間に体重が増加。+10kg、多い時で+20kgを記録するほどになってしまったのです。
 Nさんの激太りの原因は転職先の上司H氏。この上司とNさんはどうにもこうにも波長が合わなかったことにはじまります。

 H氏はエネルギッシュで前向きという典型的な営業マンタイプの上司。万事ダイナミックで行動的。人の上にたってチームを明るくグイグイとひっぱっていく、リーダーシップにあふれていました。しかしその反面、社内にこもっているのが苦手でデスク周りの備品や書類はすぐゴチャゴチャになるタイプでした。
 対するNさんは、営業の経験などはなく事務系一辺倒。とりたてて几帳面というわけではありませんが、課された仕事、とくにデスクワークは腰を据えてこなしたい人物。そんな彼女が転職先でH氏の部署に配属になり、彼のアシスタントにつくことになったのです。
 転職前から同様の仕事をしてきたNさんでしたから、新しい職場でもそつのない仕事ぶり。すぐにH氏の信頼も得て書類の入力・制作も込み入った注文がつけられるようになります。ここはNさんも腕の見せ所。書類を細かい指示どおりに張り切って仕上げたところ、
 「あ、ごめん、これやっぱり使わないかも。代わりにこっちの図版使ったやつで打ち直してくれるかな?今日の4時の打ち合わせにいるんだけどな……悪い!あ、ここんとこの罫線とか、ビシッとかっこいいのにしてね。ヨ・ロ・シ・ク!」
 とあっさりボツに。しかも変更もとタイトな締め切りまで笑顔で課せられてしまいます。これも一度ですめばラッキーで、多い時は2度3度と繰り返されることも。
 Nさんも「これは無理」と、気軽に相談できる性格ならばよかったのですが、彼女は部下は上司の指示を完璧にこなすもの、と自分に課していたらしく、どんなにキツい指示でも黙って抱え込んでしまったのです。気軽にものをたのんでは取り消すH氏とは、スタートラインからズレていたようです。
置き去りの書類
結局Nさんは手を抜かず、他の仕事を調整しながら、改めての指示どおりのものを、大急ぎで仕上げました。
 「おお!ありがとう!ありがとう!!さすがNちゃんだねぇ〜。うんキレイキレイ。これでバッチリ、OK !サンキュ〜!」  と、彼流のオーバーなほどの感情表現で、感謝の言葉が雨あられと降ってきました。Nさんの苦労が報われた瞬間です。
 しかし、後になって彼女は見つけてしまうのです。
 夕方4時過ぎ。H氏はかねてからの予定どおり打ち合わせのため離籍中。主のいないH氏のデスクに、回覧書類を持っていった折り、目に飛び込んで来たのは打ち合わせで絶対必要だった書類!どういうわけか今現在のH氏の机の上に、見るもテキトーに積まれてあるのです。
 「何これ?!今日いるんじゃなかったの?!あんなにせかせて、他の仕事後回しにしてまで作ったのに!!」
 怒りのNさんがデスクに戻ったH氏に詰め寄ると、
 「あ!ゴ〜メ〜ン〜………今日4時と思ってたけど、明日でよかったみたい……。でもNさんには感謝してる、ほんと助かったよ!」
 と、相変わらずの明るい謝罪っぷり。一応相手は上司ですし、一応相手が謝っているためNさんもそれ以上の追求はできません。こうして言いたい言葉を飲み込み、Nさんは彼のアシストを続けることに。

 こうした事態がその後もちょくちょく起こり、Nさんの事務職としてのやりがいはもはや壊滅寸前です。しかし「転職しばかりで次の仕事は探せない」という理由だけが、彼女をH氏の下で働かせていました。
 そんな時、H氏の大雑把さ原因で、またもややっかいなトラブルが発生するのです。

(→後編に続く)

pen2 H氏のウッカリ指示ミスにより、Nさんの仕事は激増!そしてストレスから彼女の体重も……?次回、後編へ続く。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ