転職失敗談2
出向社員チーム
出向社員同士で仲が良くなったエンジニアのMさんとTさん。同じ仕事についていても、別々の会社の二人は待遇面で大きな違いがあり、タイトなスケジュールが続くTさんは転職の悩みをMさんに打ち明ける……。(→前編はこちら
バックナンバー
口コミ情報
度重なるTさんの愚痴に同情したMさんは、なんとか役に立てないだろうかと考え、B社の社員が「人手不足」を口にしていたことに思い至りました。
 B社とはMさんが所属するC社の得意先。現在のA社の仕事はB社との契約上を通して出向の形をとっている、いわばビジネスパートナー的存在です。そこで人事権をもつある社員が世間話の中で、「誰かいい人いたら紹介してよ」的なことを口にしていたのです。
「うちの会社じゃないんで、詳しくは知らないんだけど……」
 とB社の人探しの話を軽く口にしてみたところ、
「今度、その担当者と会う時があったら、詳しく聞いといてもらえないかな」
 とTさんは非常に興味を示します。とはいえ、単なる世間話の域を出ない情報です。
「今度あったら一応聞くけど、でも結構前の話だし、いつ会えるかわからないし、あまり期待しないで」
 とくりかえし念を押して、その場をおさめたのでした。

 さてそれからふた月ほどたって、Mさんが一旦自分の会社に打ち合わせに帰った時、偶然来訪していたB社の担当者に会うことが出来ました。
「すこし前の話ですが、エンジニアで人を探しておられましたが、もう決まりましたか?」
「いや、具体的に動いてなかったもんで、まだなんだよ。広告出して募集するのもいいんだけど…。うちの中途採用は紹介か縁故が多いのはそのためなんだけど、今回はツテをあたってもいい人材が出てこなくてね」
 それならばとMさんはTさんの話を切り出しました。幸い担当者も
「M君と同じ仕事をしていて、チームリーダー格なら技術的にも申し分なさそうだ。実際あって話してみたい」
 と大変乗り気です。
Tさんの置きみやげ
そうなれば、実際にお互いが連絡をとった方が早いだろうと、Mさんは両者のメールアドレスの交換を仲立ち。両者の話し合いはトントン拍子に進み、Mさんも“仲人”の役目を無事果したのでした。
 その後、ブロジェクトの方もなんとか終了。出向者の開発チームも解散することになりました。Tさんは現在の終了を待って退職し、B社へ入社が決定。Mさんも仕事が完了したため本来所属しているC社へ戻ることになりました。

 ところがしばらくしてA社の現場に再びMさんが呼び戻されることになったのです。理由は納品したプログラムに見つかったバグ。当時のスタッフで分かる者はMさんかTさんだけという状況なのです。しかしリーダー格だったTさんは退職し連絡はとれません。ということでMさんが一人で対応することになってしまったのです。
 Mさんがプログラムをチェックしたところ、エラーにあたるところはTさんの担当部分ばかり。プログラムのソースを参照してみれば、コメント行(開発者のメモ)にコッソリ
「すみません修正が必要になるかもしれません。あとお願いします
 と書き残されているではありませんか。日付けはTさんが仕事以外にも、面接に、退職準備にとダブルで忙しかったシーズンになっています。どうやら転職をひかえて期限までになにがなんでも仕事を終わらせようと、Tさんはやっつけ仕事をしていたようです。
 ただでさえ他人の尻拭いは面白くないのですが、その原因となったTさんの転職を手伝ったのはMさん自身。周囲の人間は、事情を知らずに一通りの励ましの言葉をかけてきます。Mさんは自分で自分の首をしめたような、恩を仇で返されたような、なんとも割り切れない気持ちで同僚の言葉を聞いていました。
サクセスポイント
今回はココが問題!
表に出ない求人
新聞や情報誌、ハローワークなど、不特定多数に公開される求人情報は、それだけでも大変な数ですが、実際は転職市場の氷山のごく一部。実際は表に出ない紹介や引き抜きといった形の転職の方が多いのです。
これでサクセス!
紹介で転職
こうした水面下の求人情報を手に入れるには、友人知人の口コミ、また仕事の情報が集まりやすい人との接触など、日頃の人脈が必要。そうした人脈に恵まれない人は人材紹介企業などを利用することになります。
ただし、こうした水面下の求人は時間や条件に迫られての採用と違い、あくまで「良い人がいれば」と条件を崩さない企業も多く、面接までのハードルが高いことも。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ