転職失敗談2
ふたつの立場
派遣登録会に参加したことで、正社員へのスカウトをうけたHさん。スタッフと仕事をコーディネートする業務についたのだが……。(→前編はこちら
バックナンバー
スタッフの気持ちが分かる社員
派遣スタッフ登録のため、新興企業のA社に出かけたHさん。しかし派遣スタッフとしてではなく、社員としての勤務を持ちかけられます。
「当社は派遣事業を始めてまだ期間も短く、スタッフ数はもちろんですが、内部の社員の数も充実させている最中なんです。Hさんのような派遣経験があるしっかりした方は、スタッフの気持ちもわかる社員として活躍できると思うのです」
元々正社員としての仕事を探していたHさんにとっては渡りに船。二つ返事で入社をOKしたのでした。 そして、Hさんに用意されていた職種は、派遣スタッフと仕事をマッチングさせるコーディネーター。登録しているスタッフと連絡をとり、仕事を紹介していく仕事です。スタッフの能力や技術を正確に把握し、本人が希望する仕事以外にも、向いていると思われる仕事ともマッチングさせることが必要になってきます。
自分と同じように仕事を求める人の役に立つ仕事−。Hさんは強いやりがいを感じてA社に入社しました。
 しかしやりがい以上にこの仕事の難しさを痛感することになったのです。
「どうやったんですか?」
まずは仕事の数を遥かに超える登録者の数。これは派遣企業にとって望ましい状態ではありましたが、その多くは突出した技術を持たないスタッフであり、マッチングする仕事は取り合いの状態です。自然と人当たりの良い登録者、実績・経験のある登録者などに仕事を振り分けることが多くなり、
「登録したけど全然お仕事の紹介がないんですけど」
「後日連絡しますと言ったきり」
 などの電話を受けることもしばしば。
そうかと思えば、時給が安い、遠距離であるなどの理由から、登録者から次々と仕事を断られ、クライアントから
「いつになったら寄越してくれるんだ。こっちはプロジェクトを進められずに困っているんだよ」
と苦情が寄せられたこともありました。
他にも「契約途中だけどもう辞めたい」「派遣社員が突然出社しなくなった」など、一部の困ったスタッフに振り回される事態も起こったり…。
「そう都合のいい仕事ばかり欲しがって、紹介したらしたで、あれは嫌だ、これは嫌だと勝手なことばかり!いったい仕事というものをどう考えているのか」
そう憤慨するHさんでしたが、派遣スタッフからの人気は上々。それというのも営業マンや他の社員がHさんを派遣社員に紹介する際、
「仕事をご紹介させていただくHは派遣をしていましたから、派遣さんの気持ちもよく分かります。親身になってお世話しますので、いろいろ相談してください」
と告げていたから。そのせいでHさんの元には
「派遣から正社員になったんですよね。どうやったんですが?何かコツが?」
「ここで派遣登録したら、社員になることはできるんですか?
 などの能天気ともいえる質問が、仕事そっちのけで集まることに。正社員志望者の多さと、その気持ちが分からないでもないだけに、派遣ワークを紹介する仕事が虚しく感じはじめたHさんでした。
サクセスポイント
今回はココが問題!
スタッフの立場
派遣スタッフとして働く場合、クライアントにとっては派遣会社側の人間。そして派遣会社にとっては、自社の看板を背負って働いてもらうフランチャイズであり、仕事を発注(紹介)する事業主であるとも言えます。この立場の差を忘れず、どちらの企業にも寄りかからずに仕事をこなすことこそ、プロの派遣といえるでしょう。
これでサクセス!
正社員志向
派遣を長く続け、仕事ができるようになるに従い、「正社員以上に仕事ができるのであれば、正社員として勤務したい」と思うようになる人が非常に多いです。
ルーティンワーク的作業を繰り返すような業務であれば、より安定感のある正社員を目指した方がいいかもしれません。しかし、常に新たな技術や業務を取得し続けなければいけない場合、必ずしも一つの企業に留まることがステップアップになるとは限りません。これは派遣を始める時の一つの判断材料でもあります。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ