転職失敗談2
逆転現象
年齢は上ながら、仕事面ではFさんに頼りっぱなしのK氏。そんなK氏の待遇を偶然知ってしまったFさんは……。(→前編はこちら
バックナンバー
肩書き嫌い
A社に入ったK氏は、大手ソフトウエアハウスからの転職者。輝かしい経歴を期待されていたものの、現場では万事控えめで、年下ながら先輩転職者のFさんの指示に従う毎日でした。ある時、Fさんは、K氏になぜ転職先としてうちを選んだのか聞いてみたことがありました。
「Kさんほどの経歴だったら、うち以外にももっといいところにも転職できたんじゃないですか?」
「前の会社は大きな会社で、興味の無い仕事に就かれてもNOと言えなかったり、人が多いなりに疲れてしまったりして。次はそこそこの大きさの企業で落ち着いて仕事がしたい、と思っていたんですよ」
でも、中小の方がなにかと忙しいだろうに、とFさんが質問したところ
「そうなんですよね。他に面接行っても職歴をみられて、技術管理とか、開発のチームリーダーとかのボジションを提示されてしまったんです。でも自分は上に立って人を管理するのには向いていません
前社では、上からの言う通りに仕事するかわりに、全責任は上司がとるという体制でやってきていて、それに慣れてしまったからだ、とK氏は語りました。
「A社は管理職を提示してこなかったので…」
A社ではフラットに近い人事構造をとるため、ごく限られた管理職の他は肩書きを持たず、多くの社員はお互いを名前で呼び合っていたようです。Fさんはそういうこともあるものかと、ひとまず納得したのでした。
どちらが上司
ところが、ボーナスシーズンが到来すると、他人事だったK氏の待遇面が、Fさんに暗い影を落とすようになったのです。A社では肩書きが少ない代わりに、評価に応じて社員にポイントを与え、その合計点でステージ分けをするという人事システムを設けていました。ボーナス査定や人事評価の時期になると、査定結果とともに、人事ポイント表が手元に届くのですが、この表の見方が難しいと評判なのです。転職したばかりのK氏もこれに戸惑っているようで、見かねたFさんは、表の見方を説明することにしました。その時、K氏の人事ポイントをつい目にしてしまいます。入社して間もないというのに、K氏のポイント数はFさんを遥かに上回って発行されていたのです。ステージランクも2ランクほど上で、Fさんの上司にあたる扱いっぷり。当然給与もFさん以上のはずです。にもかかわらず、K氏はFさんの後について、責任をとりたがらない仕事ぶり。入社以降2年間「まだ仕事に慣れていない」
という有名無実化している理由で、ランクアップを据え置かれていたFさんにとって、この待遇の違いは我慢なりません。鬱鬱とするFさんを見かねてか、現場のチームリーダーにあたる社員が、
「Fは、入社間もないKさんの世話もよく焼いていますし、実際仕事をリードしているのは彼の方です。今のままでは待遇と仕事のバランスが悪いようです」
とK氏との待遇差には触れず、人事部に話をしてくれました。その結果、次回の査定ではFさんのポイント給付率をアップさせるという約束を取り付けることができたのでした。
これでやっと不平等感が無くなると喜んだFさん。ところがいざ蓋あけてみれば、数百円の月給UP……。K氏の待遇にはまるで及びません。腹を立てたFさんが再び転職先を探し始めたのは言うまでもありません。何も知らないK氏だけが、Fさんの去就を寂しそうに見つめていました。
サクセスポイント
今回はココが問題!
待遇面でのトラブル
転職後のトラブルとして多いのが、待遇面でのくいちがい。あきらかに募集要項と違う内容を提示してくる企業や、それとは別に、年齢や学歴、社内規定などに依った査定を設け、そちらを優先する企業もあるため、入社後の待遇については、必ず機会を設けて細かく確認をしましょう。
これでサクセス!
トラブル回避のために
条件確認の際には、一切の先入観を捨てること。「聞かなくても分かるだろう」「普通こうだろう」という思い込みは、後々「こんなはずでない」というトラブルの原因になります。中でもチェックすべき項目は、仕事内容・評価システム・昇級システム・勤務地・残業の有無など。特に給与に直接かかわる評価/昇級システム・残業代の支給システムは企業によって大きく違ってきます。また人によっては職場の平均年齢・男女比率なども聞いておけば有益でしょう。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ