転職失敗談2
若き採用担当者
採用の難しさを痛感したWさんは、人材紹介会社を利用することに。以後、担当になったコンサルタントB氏を相談相手として頼りにするが……。(→前編はこちら
バックナンバー
上司の自信
「ご希望の条件にあった方をご紹介できそうです。まずはプロフィールをお送りしますので、ご検討ください」
 早速B氏から届いたプロフィールを見ると、社歴もキャリアも申し分なく、スキル的にも合格点のようです。
「今回の方は、スキル面を優先してご紹介させていただきました。本人も非常にまじめな方で、今回が初めての転職です。こちらの募集に大変乗り気で、是非面接をと希望されています」
 よどみないB氏の説明を受けていると、紹介された人材が非常にすばらしい人物のように思えてきます。
「たしかに申し分ない方だと思うんですが……たとえばこんなメジャーな会社から、うちみたいな中堅メーカーの現場に来て驚かれないでしょうか?それに年齢も僕より少し上のようですし……。現場には僕よりもっと若い社員も多くいますから……」
「その点も本人は覚悟しているようです。若い上司につくことも、転職では珍しいことではありませんし」
 文句のつけようがないということで、Wさんはこの人物を面接に招くことに。が、依然ジャッジに自信が持てないとこぼすWさん。B氏から
「今回は現場の視点を求められる採用のようですし、直接接することになるWさんの視点を優先すればいいと思いますよ」
 励まされながらの面接になりました。
 やってきた人物は、Wさんが今まで会った中で最も理路整然として自信にもあふれた、優秀だと思える人材でした。しかしWさんはどうしてもすっきりしないと言います。
「やっぱり立派すぎますよ。なんだか気圧されてしまって、上司としてうまく使う自信がありません。年齢のこともありますし、なんというか、うちには合わない気がします。もったいないんですが……」
 結局、次の人材を紹介してもらうことになりました。
思わぬ一面
その後も待遇面で折り合いがつかなかったり、年齢を優先させるとキャリア的な弱さが出てしまったり。条件が合っても、Wさんが「なんとなく合わない」と退けたり。
 何人ものプロフィール提供を受け、B氏との間も煮詰まり気味のころ、ようやくWさんは一人の人物と出会います。
「こちらの方は人柄が非常に温厚で、周囲にもうまく溶け込めるタイプです。年齢もWさんより年下です。が、そのぶん若干キャリア的な弱さがありますので、そこはポテンシャルで判断していただくことも必要です」
 Wさんも実際に会った上で、
「多少スキル不足の感もありますが、これぐらいならなんとか……。指導しやすい人のようですし、この方でいいと思います」
 やっとOKサインを出せたのでした。あとは上の方で承認が取れれば正式に内定です。

 ところが1週間たち、2週間たっても、B氏の元には正式内定の報が入りません。もちろんB氏の方からも度々連絡したのですが、Wさんは
「上の人間がつかまらなくて」
「ちょっと検討したいことがあって」
 と煮え切らない返事でのらりくらり。
 あまり待たせると他の会社を選ばれてしまうかも、などと急かしてみても、返事ははかばかしくありません。

 実はWさん、面接の後に思わぬところでこの応募者と出くわしていたのです。
 Wさんは学生時代からの映画フリーク、それもかなりカルトな映画を好んで楽しむタイプでした。採用活動が一段落したある週末、Wさんはかねてから楽しみにしていた、あるオールナイトの映画イベントに出向いたのです。このときばかりは学生気分に戻り、オープン待ちの行列を作りながら仲間との話に花を咲かせていました。
 その時です。同じ行列のすぐそばに、今回の応募者が並んでいたのです。応募者がWさんに気づいたかどうかは分かりませんでしたが、マニアックな話を喜々として大声で話している姿をもし見られていたなら、きまりも悪く、今後上司・部下として指導していけるかという自信にも関わってきます。
 せっかくの採用予定者ながら、どうしたものかと悩んだWさんは、正式内定の承認をのばしのばしにしていたのです。
 そんなこととは知る由もないB氏は、
「もうこれ以上応募者を待たせることは出来ません。待ってもらうにしても状況の説明をしないことには」
 と繰り返しプッシュし続けました。
 その後、幸か不幸か社内の人事異動によって中途採用そのものが取りやめになるまで、WさんはB氏の追求をのらりくらりとかわし続けたということです。
サクセスポイント
今回はココが問題!
コンサルタント活用
人材紹介会社を利用する利点として、ミスマッチを減らし、採用交渉をスムーズに行えることが挙げられますが、それでも採用が遅々として進まない時もあります。大きな理由の一つはコンサルタントにヒアリング能力や専門知識が少なく、マッチしない人材・仕事を紹介してしまうこと。もう一つは採用側内部の問題で返答が遅れる場合があることです。
また、ネットやメールでの問い合わせ・登録が出来る人材紹介会社も多く、ネットの気軽さからいい加減な申し込みをしてしまうと、良い対応が望めないことも。最初のアプローチから選考は始まって
これでサクセス!
利点を知る
人材紹介会社によって得意分野には違いがあり、さらにコンサルタント個人もそれぞれ得意とする業種・職種を持っています。従って、まずは自分の価値を理解してくれるコンサルタントに出会うことが肝心。コンサルタントを複数抱えている会社であれば、担当者の変更なども可能です。また業界で顔が広いコンサルタントになると、クライアント側にも多少のプッシュが出来るようになります。選考が滞っている場合の問い合わせや条件的に厳しい応募でも、なんとか掛け合ってもらうなど、一般の応募にはない“離れ業”が出来るのも利点。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ