転職失敗談2
“兄貴”のプライド
新人M君の先輩は「転職する」が口癖のKさん。日々愚痴を聞かせるKさんだったが、いよいよ転職のチャンスが巡ってきて……。(→後編はこちら
バックナンバー
はみだし部署の不満
日頃から「転職する」を口癖にしている人ほどなかなか転職せず、逆に、滅多に不満を漏らさなかった人がスパッと会社を辞めたりするものです。
 M君が所属する部署は、会社の主力ビジネスからはずれた業務を任されているせいか、社内でも一風違う雰囲気を持っていました。
 全社で、やれキャンペーンだ、新製品だ、売り上げ目標達成だと盛り上がっている時にも、M君の部署だけは無関係。あげく社内で“はみ出しもの”の扱いすら受けるようになっていました。そんな扱いに不満を抱き、
「うちは何かあったらすぐ切られる部門だ。こんなとこさっさと転職した方がいいに決まってる」
 とつねづね愚痴をこぼしていたのは、M君の先輩にあたるKさん。
 Kさんは新入社員だったM君と最初に会った時、いきなり
「いくら就職難だからって、ここよりいい会社はあっただろうに」
 と言ってのけた人物。それ以来、M君をずっと自分の愚痴の聞き役にしてきた先輩です。
 最近はもっぱら
「俺だってチャンスが来たら転職する。もう少し勤めて、転職市場へ売り込めるように勉強してから動く。その間に退職金も少しは上がるだろうし、今動くのは損だから時期をみてるんだ」
 と、転職の皮算用を繰り返す毎日。
 ところがKさんの言う「チャンス」がとうとう到来したのです。
現実とプライドの板挟み
なんとM君たちの所属する部署が、解体されることに決定したのです。
 所属の従業員は期限までに、社内の別部署に異動するか、退職金を若干上乗せされて新天地を見つけるか、そのどちらかを決めなければならなくなりました。
「いよいよですね。Kさんはもちろん転職組ですよね?」
 さんざん愚痴を聞かせたM君からは、当然のごとく転職するものと決めてかかられたKさん。実は内心迷いがありました。
 というのも、その少し前、密かに転職を打診した企業から「キャリア不足」を理由に不合格になっていたのです。
 その不合格からさほど時間をおかず、今また本格的に転職活動に入るのは気が重いこと。
 しかしさんざん同僚や後輩に「転職する」を連呼してきた手前、ここで居残り組に入るのもばつが悪い。
 それに居残り組、すなわち別部署への異動というのも一筋縄ではいきません。まず自分から希望の異動先を提出することが前提で、それを希望部署の管理者がジャッジし、OKが出た場合にその部署への異動が決定するのです。
 もし「うちではいらない」となった場合は、履歴書代わりの業務シートが各部署を回覧され、拾ってくれるところが出るのを待つことに。
 「こんなところ」呼ばわりしていた職場のあちこちを、自分のデータがたらい回しになると思うと、
「それなら転職活動するのも同じ。社内のあちこちに頭下げて残るより、やっぱり転職した方がいい」
 Kさんは転職を決断したのでした。
 そうなると後輩M君の手前、彼よりも先に転職したい。できれば退職の日までに新しい職場を見つけておきたい。Kさんは現実とプライドの板挟みとなって転職活動に突入したのでした。

(→後編に続く)

pen2 後輩M君の手前、恥ずかしい転職は出来ないと奮起するKさん。しかし期限の日は迫って……。次回、後編へ続く。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ