転職失敗談2
“刺客”募集
親会社からの移籍人事が横行する職場。門外漢上司への対応に頭を悩ませるFさんだが、繰り返される天下りにヤル気も失せようとしていた……。(→後編はこちら
バックナンバー
上司操縦法
何もわかりませんが、ひとつ、よろしくお願いします」
 ある製紙関係企業の朝礼。新しくやってきた部長O氏の挨拶を、Fさん以下生え抜きの社員たちはゲンナリした顔で受けていました。
 それもそのはず。この企業では親会社、系列企業、お役所関係からの天下りや移籍などが、役職を占めていたのです。この日も新しい部長がFさんの部署にやってきたのでした。
 彼らの多くは“定年後の最後のお勤め”であったり、出世レースからはじき出された“意に染まぬ移籍”であったり。業界に対する知識はおろか、仕事に対するヤル気すら持っていない人たちだったのです。
 経験も知識も無いので、どうしても実務は今まで通り現場の社員が担う事に。
 しかしこうした天下り上司は“元一流どころ”だけにプライドだけは高いため、あまり放っておいたらおいたで、
「上司をないがしろにするとは何事!」
 とヘソを曲げるのでやっかいです。
 ある時など、仕事をスムーズに運ぶために、Fさんが現場の意見をまとめ、プロジェクトの内容を固めた上で、上司に承認をもらいにいったところ、
「この企画はいったいいつ決定したのかね。僕は聞いてないよ。こういう抜き打ち的なことをしてもらうと困る。説明してほしいね」
 とネチネチ詰問。
「しまった、企画を固めすぎた! もうすこし余地を残して、仕事した気にさせるべきだった」
 慌てたFさんでしたが、時すでに遅し。
「それ以前にこんな企画は、A社(親会社)でも扱ってるから、内容かぶっちゃうんだよね。ここぐらいの規模の会社でやるような事業じゃないよ」
 と古巣を引き合いに出され、潰されてしまったのです。
打ち解けない上司
 当時の上司はすでにいなくなっていましたが、この日、Fさんの上にまた新たな上司O氏がやってきたのです。
 厄介とは思うものの、これも子会社の宿命。今までの経験をいかしてうまく接していこうと、Fさんも同僚たちと心づもりをしていました。
 ところがこのO氏、また違ったタイプの困った上司だったのです。
「何も分かりません」
 の挨拶通り、知識が無いことに加えて、新しい仕事にも職場にもまったく無関心
 例によってFさんが仕事について話をもちかけても、
「ふーん。まあ、好きにしたらいいんじゃない」
 下駄を預けるというより、“子会社の人間が何をご大層に”とでも言いたげな反応。子会社の社員とはハナから馴染もうとしないのです。
 しかも、前職、つまり大きな組織の上下関係をそのまま持って回るタイプで、天下り系上司たちでコミュニティを作りはじめます。

 また大企業で妙に厳しい上下関係を経験してきた人だけに、上司への細やかな気配りとは逆に、部下がどんな目で自分を見ているかなど、部下の心理ケアについてはいたって無頓着なのです。
 打ち合わせや会議と言って、デスクにいる時間を減らし、出張だ代休だと言ってはつるんで出かけ、時にはゴルフに興じている模様。
「これで高い給料と退職金とって辞めてくんだろう。もうやってられないよ」
 部下たちの、特に入社したばかりの若い社員のモチベーション低下は著しく、Fさんもこれではやっていられないと憤慨するやら、やりきれないやら。

 しかし、決してこんな状況を許す人間ばかりではなかったのです。

(→後編に続く)

pen2 ヤル気を失う社員たち。そこへ、このままでいいのかと、変革の声を上げる人物が出現。その人とは……。次回、後編へ続く。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ