転職失敗談2
ヒラに戻りたい
アルバイトとして勤務していたSさんは、上司の推薦を得て正社員登用試験を受けることに。猛勉強の結果、試験をパスするのだが……。(→前編はこちら
バックナンバー
「僕は分かってる」
 上司からの推薦で正社員登用試験を受けることになったSさん。
 ところが試験の日取りが決まった途端、「大丈夫」と背中を押していた上司が一転、厳しい顔をしてSさんにささやいたのです。
「試験は心してかかってくれよ。もしヒドイ点なんかとってくれたら、俺たちチームの査定にも関わってくるんだから……」
 A社ではバイトからの正社員登用はほとんど行われず、それだけに推薦者である上司はピリピリしていたのです。
 Sさんは会社案内を熟読し、上司を相手に面接の質疑応答を繰り広げ、適性検査の関連本をチェックすることに。努力の甲斐あって、人事部の面接をパス。正式にA社の正社員として採用されることになったのですが、ここで最初の番狂わせが起こります。
「……実は、S君を管理の責任者につけるっていう話、ちょっと先になりそうなんだ」
 聞けば、社員からの強い推薦を受けて、バイトから異例の登用を行ったのだから、その上さらに、一足飛びの責任者待遇は難しいというのです。
「だから、今年採用の新卒者と同じになるんだけど……でもS君の実際の仕事ぶりは新人と同じだとは思ってない。僕はちゃんと分かってるから。折を見てすぐに昇格できるよう掛け合ってみる」
 アルバイト1年というキャリアを前例の少ないA社ではどう評価していいかわからず、結局新卒並にされてしまったのです。
コウモリ社員
 さらに、正社員になったことでSさんの仕事も増えました。今までの仕事と、アルバイターのとりまとめ役というポジションに加えて、社員に必要な研修や会議への出席、企画の提案……。
「正社員になったら雑用は減る」という言葉は、
「バイトの手が空いてないから、手分けしてやってよ」
 の上司の一言でくつがえり、結局そのままに。
 しかもサービス残業が多いA社では残業代がつかないこともしばしば。Sさんが手早く仕事を済ませ、帰ろうとしても、
「正社員なんだから、バイトより早く帰るのはどうかなぁ」
 アルバイターたちは時給換算のため、残業分はしっかり給与にはね返ってきます。そのことを期待して、熱心に残業するバイト社員もいるくらいなのです。
 しかしそれを見届けるSさんには残業代がつかず、時には毎月の手取額がバイト時代を下回ることすら出てきたのです。
 さすがにこれにはSさんも音を上げ、上司に直訴。ところが……
「うちとしてもバイトからの採用は例がないから、仕事ぶりを見て判断しようと思ってるんだよ。待遇を良くしてもらいたいなら、まず先に仕事ぶりを見せないことには……。でも、僕はS君の仕事ぶりは分かってるから」
 お得意の“僕は分かってる”がまたもや飛び出し、説き伏せられてしまったのです。

 また、アルバイターのまとめ役というポジションにもかげりが。今までは同じバイト仲間ということもあって、
「社員にこんなことを言われた」
「この仕事は自分に向いてないんじゃないかと思う」
 などの相談を持ちかけられ、その都度Sさんも
「それは向こうがひどい。無理して従う事は無いよ」
「それならうちは辞めた方がいい」
 などと、損得勘定抜きで、率直な返事をして信頼を得ていたのです。
 ところが社員、それもバイト管理が仕事になってしまうと
「辞めればいいじゃん」
 という、相手が欲する、簡単で力強い一言が言えなくなってしまったのです。
 タテマエっぽい対応をせざるを得なくなったSさんに、バイト社員は距離を置きはじめ、本音を漏らす事も減っていったのでした。

「バイトからは『正社員だから』給料もしっかりもらえて、安定してると思われて。でも上司からは『正社員だから』それらしい仕事ぶりを見せろでしょう? 給料も待遇も据え置きに近いし。割に合わないですよ」
 とんだコウモリ状態に陥ってしまったSさんは、もう一度転職を考えはじめます。
「管理者とまつり上げられてるけど、実態も待遇も伴わないハンパな状態です。上司に『僕は分かってる』といわれてもそれが反映されないんじゃ、バイトの方がマシですよ。もう一度きちんとヒラ社員からスタートしなおしたいです。それには若いうちに再就職しないと……」
 焦り気味にそう告げるSさんでした。
サクセスポイント
今回はココが問題!
アルバイトの職歴
 近年のフリーター増加や、企業の方でも正社員採用を控えてきた傾向から、アルバイトといっても社員並の仕事を与えられ、こなしていることも少なくありません。アルバイト経験もアピールできる職歴と言えます。
これでサクセス!
未経験業種への転職
 アルバイトの内容と違う業種・職種に応募する場合でも、その仕事を通じて得た知識や経験をどう仕事に生かすか、PRコメントとして書き加えれば効果的。
 特に人間関係のトラブルはどの職場にもついてまわる問題。バイトの人材やシフト管理など、人間関係での経験はアピールして無駄にはなりません。
・…→ Text & Illustration 山本ちず
バックナンバー

▲ページのトップへ