海外キャリアの歩き方
世界各国で頑張る日本人ビジネスパーソンのキャリアリポートをお届け。文化も慣習も違う海外で働く人々のパワーを感じ、アナタのシゴトに生かそう! 第6回 ニュージーランド 小澤 英之さん

ニュージーランド“想えば叶う”を信じ
夢をもって生きていく

「人との出会いに恵まれたから、今の自分がある」。現在、ニュージーランドで、スターウォッチングツアーを主催し、2つの会社の代表を務める小澤英之さんは言う。

 10代の頃、夢は航空自衛隊のパイロットになることだった。しかし、パイロットの試験に落ちて、挫折。夢は叶えられぬまま、大学を卒業後、旅行会社に入社した。「いつかはパイロットに……」という想いを胸に、29歳の時にニュージーランドへ。小型飛行機のインストラクターの免許を取得。その後、インストラクターの仕事とは別に、週末だけ遊覧飛行のパイロットの職に就くこともできたが、現実は厳しかった。

「収入はアルバイト程度にしかならず、生活が苦しい。これからどうしようかと迷っていた時に仕事をくれたのが、今のビジネスパートナーであるニュージーランド人のグラアムでした」

 当時、ツアー会社の代表をしていたグラアムさんは、日本人マーケットの拡大に向けて、日本人マネジャーを募集していた。だが、マネジャーといっても、決して、収入がいいわけではない。35歳の時に現地で知り合った日本人と結婚、ほどなくして、子供が生まれた小澤さんは生活費を増やすために、奥さんとふたりでスターウォッチングツアーを始めることにした。

「もともと日本で社会人をしていた頃、天文写真の同好会に参加した経験もあり、星には興味があったんです。日本人のお客様たちは夜になるとすることがなくて、ホテルで時間をもてあます人が多い。ニュージーランドには美しい星空があるのに、それを見ないなんてもったいないでしょう」

 日本人の団体客がホテルに到着すると、ツアーの説明をするのは奥さんの仕事だ。「赤ん坊を背中におぶった得体の知れない女が、どこからともなく現れるんだから、お客さんはさぞかし驚いたでしょうね(笑)。『つまらなかったら無料でもいい、とにかく参加してほしい』と必死でした」。
小澤 英之さん
PROFILE

Tekapo Tours/Earth and Sky 代表
小澤 英之さん(48歳)

1958年埼玉県生まれ。大学卒業後、旅行会社などを経て、29歳の時にワーキングホリデーでニュージーランドへ。36歳で「Tekapo Tours」を設立、代表就任。のちに、「Earth and Sky」を設立、代表就任。“ニュージーランドで最も星空が美しい”といわれるテカポとマウントクックで、スターウォッチングツアーを主催している。

小澤 英之さん

新婚時の“大草原の小さな家”。 「ドラム缶風呂に浸かり星を見る。ツアーの原点です」

 当時のツアーでは、自宅で星のスライドショーを見せた後、小高い丘の上で星の観望会を行っていた。楽しんでもらいたい一心で、自宅の天井に光る粘土を貼りつけてプラネタリウムを作ったりもした。ツアーは口コミでどんどん広まっていった。

「お金がなく、住んでいた家も小さくてボロボロ。『かわいそうに』と、お客さんから日本の食べ物やお菓子をいただいたり、添乗員さんによっては、『小澤さん夫婦にあげたいものを入れてください』と大きな袋を用意してくださったり……。本当にありがたかった」

 2004年、カンタベリー大学が研究に利用していたテカポの天文台を、一般の人たちにも開放するという話がもち上がる。カンタベリー大学で天文学を学んだことのある小澤さんに、「天文台の管理をお願いしたい」と教授や関係者から声がかかった。その要請に集中して取り組むため、新会社を設立した。

「幸運が後押ししてくれました。今後5年間のうちに、カンタベリー大学と天文研究施設を創設し、当社の収益の一部で研究を助成していきたいですね。突拍子もないことのようですが、“想えば叶う”、そんな気がするんですよ」

 ニュージーランドに渡りおよそ20年。この国で小澤さんの夢は膨らんでいくばかりだ。

取材・文・写真/畑中美紀

ここが困った海外生活

 およそ10年前、スターウォッチングツアーを始めた当初は、「星なんていくらでもタダで見られるのに、わざわざ観光客からお金をとるなんて……」と地元新聞の風刺漫画にまで取り上げられたものです。それは、観光客が南十字星を見上げているイラストで、星のかわりに、“お金”が描かれた皮肉まじりのものでした。日本の都市部では星はほとんど見えないし、南十字星を見ることもない。この価値観の違いに戸惑うこともありました。
 さすがに、その時は複雑な心境でしたよ。でも、今では他人が思いつかないことを考えるのもビジネスにおいては大事、と思うようになりましたけどね。

「海外」の求人情報はこちら「サービス業界関連業務」の求人情報はこちら

▲ページのトップへ